ミセスインターナショナルのファイナリスト出身の藁品真代さん

あなたの話【ストーリー】を教えて17話のゲストにお迎えしたのはInstagramに10万人(2021年6月時点)のフォロワーを持つ美魔女インフルエンサーとして活躍する藁品真代さんです。

真代さんは過去にミセスインターナショナルのファイナリストに輝いた実績があり、現在ではミセスインターナショナルのSNS公認講師を務めています。

Instagramに10万人もフォロワーを持つ元ファイナリストからSNSの活用術を学べるならば現役のミセスインターナショナルの方々にとっては頼もしいことこの上ないでしょうね。

 

歴代の女性ファッション誌で読モを務める

真代さんのご経歴はとても面白く、以前は読者モデルとしても活動していたのだとか。

しかも歴代ほぼ全ての女性ファッション誌の読モを歴任して来たというのだからとんでもないですね。

そして読モで培ったネットワークに導かれる形で通販業界へ活躍の場を移していき、ブログやFacebookの運用をスタートさせ、現在ではInstagramを中心に活動するインフルエンサーへと変化していったそうです。

 

これからの時代は発信力が必要と実感

真代さんがSNSの発信に力を入れるようになったのは通販業界に入った頃、事務所の社長さんから今後は例えモデルであったとしても発信力がなければ活躍出来ないと伝えられた事がきっかけだと言います。

容姿が可愛い、綺麗だけではなく、自らも情報発信を行い、その情報に価値を感じてくれるファンを増やすことこそが今後の時代を生き抜く必要条件だと感じたと言います。

 

最初はFacebookの運用からスタートし出した真代さんでしたが、写真で魅力を伝えるのに最も適したツールはInstagramであると感じるようになり、次第にInstagramでの発信を強化していくようになったそうです。

Instagramでの発信をスタートしたばかりの頃はなかなかフォロワーが増えない時期を経験した事もあったようですが、工夫と絶え間ない努力を重ねていく度に次第にファンの数も増え、今では10万人を超えるフォロワーを抱えるインフルエンサーとしてご活躍なさっています。

 

自撮りのプロとしてNHKなどでも取り上げられる

今回、番組では真代さんから自撮りが上手く撮れるコツをお伺いしました。

Instagramで毎日発信し続けていく中で自撮りが上手く撮れるかどうか?は死活問題のようです。

確かに自撮りのクオリティの差は写真の良し悪しだけでなく、フォロワー数の増減にも影響してしまいそうですもんね。

 

動画では自撮りが上手くなり、かつSNSの評価を高めるコツについて細かく解説頂いていますので、是非こちらもご覧になってくださいね。