宮古島の秘密基地発足に関わったもう一人の重要人物!?

あなたの話【ストーリー】を教えて20話。

前話では沖縄県宮古島に秘密基地を作ってしまった男性Liberty Sumさんのストーリーをお届けしましたが、本話では秘密基地発足に携わったもう一人の重要人物をご紹介します。

 

それが沖縄本島に住み宮古島で空き物件ビジネスを手掛ける宮平さんです。

 

宮古島の空き物件問題

実は現在、宮古島にはかつての秘密基地のように半壊して廃墟化してしまって手付かずになっている空き物件が数多く存在するようです。

一方でそういった空き物件が多数あるにも関わらず宮古島に住む人々は島外の人間へ積極的に物件を貸し出したりしないと言います。

 

家は先祖代々に渡って島の伝統と共に祖先から受け継いで来た大切なものなので安易に他人へ貸し出せないと考える島の方が多いのだそうです。

 

家を貸し出す事が例え利益に繋がると分かっていても実際に宮古島の方々が空き物件をなかなか他人へ貸し出さない理由にはこういった背景があるそうです。

 

一方で宮古島に住みたいと考える島外の人間のニーズは強い

宮古島の方々が空き物件を島外の人になかなか貸し出さない一方で、宮古島に住みたいと考える島外の人間のニーズは強いと言います。

宮古島の美しいロケーションやのんびりとした悠々自適な雰囲気に魅せられる人はやはり少なくないのですね。

 

宮平さんが手掛けられている空き屋物件ビジネスは宮古島の方との距離が近い沖縄本島に住むご自身が島外の方と宮古島の方との真ん中に立つ事で、両者を引き合わせるビジネスです。

宮古島の方から見れば直接島外の方に空き屋を貸す事には抵抗があっても文化や価値観が近しい沖縄本島の宮平さんが間に入ってくれる事で安心感を得ることが出来るし、島外の人からすれば宮平さんの信用力を使って物件契約に繋がります。

まさにウィンウィンな関係性と言えますね。

 

秘密基地も宮平さんからの紹介だった

撮影が行われたLiberty Sumさんが作り上げた秘密基地と呼ばれる施設も宮平さんが信用の担保となる事で宮古島のオーナーから貸し出しを許された物件です。

Liberty Sumさんが1年間かけて作り上げた秘密基地は宮平さんの存在なくしては完成することがなかったのです。

 

そして宮平さんとLiberty Sumさんは現在、秘密基地を介して経営者などの新たな仲間を募り、秘密基地をハブにしたプロジェクトを発信していこうと企画しています。

 

我々が取材させてもらった秘密基地が今後様々な方々を巻き込んで大きな話題になっていく事があるかもしれない。

そう考えたらワクワクしますね。

 

動画では更に詳細な宮古島情報を紹介しているので是非こちらもご覧下さい。