緊張しがちな人に朗報!たったこれだけのことでプレゼンも安心

役立つ雑学あれこれ

日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

まんがでわかる自律神経の整え方の書籍を基にシリーズでお伝えしている自律神経について、今回も更に深掘りした内容をお届けしていきたいと思います。

 

前回までの体に役立つ情報はこちらから覗いてみてください。

 

たったこれだけ!努力いらずの人生の変え方知ってる?ヒントは自律神経

危ない!血液ドロドロ毎日イライラを簡単解消!鍵は自律神経

 

 

 

「ゆっくり」をキーワードに行動する

 

 

前回の記事質の高い呼吸は自律神経のバランスを整えるのにも効果的だとお伝えしましたね。

 

また、呼吸法について詳しく説明したたった一日10分の呼吸で若さと健康を取り戻せるの記事でもお伝えしていますが、呼吸をする際はしっかり吸ってしっかり吐き切るという深い呼吸をすることをオススメしています。

 

実はこの深い呼吸のやり方とも連動することなのですが、自律神経を整えるには普段から「ゆっくり」した行動を取るように心掛けてみるというのが非常に重要なんです。

 

逆に日頃、焦って慌てた行動ばかりしてしまっているという方は要注意です。

 

交感神経が優位に働き、アクセル全開の状態でセカセカして過ごしてしまっているわけですね。

 

 

それは行動だけでなく、心の余裕も奪ってしまう行為になります。もちろん呼吸も浅くなって軽い酸欠状態を引き起こし、脳みそに酸素が上手く供給出来なくなることで簡単なミスなども増えてしまいます

 

結果、上手くいかなくて焦ってバタバタしてしまったり、余裕がないことで感情的になりイライラして余計な失言をしたりすることもあるわけです。

 

そうなると嫌な言葉を投げかけられた相手も伝染するように自律神経を乱してしまい、結果他人にまで悪影響を与えてしまうわけですね。

 

こういった何気ないやり取りから相手をイライラさせてしまったり喧嘩になってしまう!なんていうケースもありますよね?

 

 

 

また、討論の際早口で相手にまくしたてられているうちに、聞いている側も気持ちが段々と焦ってしまったり嫌な思いに引きずり込まれてしまうなんていう場合もあるかもしれませんし、ラインやメールなどで誰かと言い争いをしている際も互いにヒートアップしたことがきっかけとなり、最終的に本音でない感情的な言葉で相手を追い詰めてしまったりなど・・・

 

こういった経験は誰でも大なり小なりあるのではないでしょうか?

 

 

焦っていると老化現象も早くなってしまう!

 

 

実は怒っている人の内部では、自律神経がどんどんと乱れて血管が損傷を受け、老化のスピードが猛烈に加速しているといった現象まで起きているようです。

 

 

 

マジか・・・。お、恐ろしい・・・。

 

 

俗にいう短気は長生き出来ないという一説はこういった理由が原因でもあったというわけなんですねー。

 

これを知ったらマザーテレサや仏様ほどではなくても、少しでも穏やかな人間として生きていこう!っていう気持ちになりますよねー。

 

 

確かに嫌な気持ちや負の行動って結構伝染してしまうものですもんね。

 

どうせ伝染するなら相手からは自分を気持ち良くしてくれるオーラをもらいたいものだし、同じように自分も相手に対して気持ちいいエネルギーを伝染させていきたいなと僕も思い直しています。

 

 

 

芸能界という人前に立つ機会が多い僕が実践している緊張しない方法も「ゆっくり話す」

 

 

「ゆっくり行動する」という要素に関しては僕もエンタメという仕事柄人前で司会をやったり、芝居をしたりする機会も多いので意識的に取り込んでいる要素です。

 

大舞台に立ったり、大勢の人の前でスピーチしなければならず緊張して心に余裕がなくなった時ほど、僕は「ゆっくり話す」ということをかなり徹底しています。

 

たったそれだけのことでかなり失敗を避けることが出来るし、逆に上手くいくようになるわけですから。

 

芝居や司会ってこちら側が緊張していると不思議と見ている人にまでそれが伝わってしまい、結果として見ていてなんか堅苦しいギクシャクした空気感に会場が包まれてしまう場合もあるんですね〜。

 

人前で緊張して早口になってしまったり、不自然な行動を取ってしまうことで、それを見ている人が「あっ、こいつ今絶対に緊張してんなー。」なんて考えているんだろうな!などと想像すると余計に緊張して硬くなってしまい更なる緊張を引き起こす。

 

昔はそんなことが日常茶飯事でした。

 

 

こちらの自信を手に入れる方法。自信がなくても芸能人になれるの記事でも紹介していますが、僕は昔、極度の緊張しぃだったので、人前で緊張しない為に様々なことをこれまで試して来たのですが、最終的には深くてゆっくりした呼吸が一番効き目があると気付きました

 

 

 

それで大抵のことは緊張しなくて済むようになりました。

 

もし普段プレゼンや人前で話すのが苦手という方がいらっしゃいましたら、「ゆっくり話す」というのを是非意識的に徹底して試してみてください。

 

ゆっくり話していると自然と心も落ち着いて来て、いつの間にか緊張せずに堂々と話せるようになっている自分に気がつくかもしれません。

 

また、周りの人間にとっても相手がゆっくり話していると話し手が堂々と見え、話も聞き取りやすくて印象度が高くなる!という結果を招いている可能性が高いです。

 

 

自律神経を自分でコントロールする考え方

 

 

これまで説明して来た通り、自律神経の調整がいかに我々の暮らしと直結しているのか?はご理解頂けたと思います。

 

そうなると自律神経をいかに自分でコントロールしていくか!という考え方が大事であり、自分をどうやって理想の状態に近付けていけるか?が健康や若さの必須条件と言えます。

 

 

 

 

そこで大事になってくる考え方が、自分の苦しみの原因が誰か他人のせいだと考えないようにすることです。

 

何故ならば他人の行動や考え方はあなたに変えることが出来ないので、自分のイライラや悩みの原因を相手のせいにしてしまい自律神経を乱すことは、自分の自律神経を自分自身で整えられない!ということに直結するからです。

 

 

逆に自分で何とかするしかないと諦めると逆にストレスは消え、自律神経が整うというのです。

 

愚痴や弱音などのマイナスでネガティブな言葉や思考をやめ、周囲に対して感謝の念を持つと自律神経は安定するようです。

 

 

 

 

よく至るところでネガティブな思考や行動、言葉はやめましょう!とか、人に感謝をしましょう!と聞く機会がありますが、ちゃんとこういった理由があったわけですね。

 

 

凄いぜ!自律神経!

(ハズキルーペCM風再び!)

 

 

約束や待ち合わせは余裕を持った行動を心掛けるのも自律神経に良い

 

 

待ち合わせや約束ごとに対しても余裕を持った行動を取ると自律神経に良いようです。

 

10分前や15分前行動を日頃から心掛ける癖をつけることで、時間がギリギリになってしまう心理的圧迫感から逃れて心や行動に余裕が持てるようになることはそれだけで自律神経のバランスを整える作用があります。

 

当然、ギリギリの行動になればその真逆の作用が身や心に降りかかるわけです。

 

どちらが健康や心理状態に良いかは一目瞭然ですね。

 

 

 

 

いつもゆっくり、にっこり、楽に!を意識していれば自ずとストレスが減り、落ち着いて対処出来る自分を手に入れられるというのです。

 

確かに焦ってバタバタしている人って見ている人間からしてみてもせわしなくて落ち着きがなく、余裕がない人に見えますもんね。

 

これからは出来るだけ意識的にゆっくりにっこり、楽に!を生活に取り入れていきましょうね〜。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

ゆっくり行動することで気持ちも楽になり、緊張もしにくい自分を作り出すことが可能になります。

 

しかも健康や美容にまで良い効果をもたらす!

 

今後は自律神経のバランスの為にも「ゆっくり」を是非意識していきましょう。

 

次回の記事でも自律神経について更にお伝えしていきますので、続編もお楽しみに!

 

 

下記の自律神経に関して他の記事もどうぞご覧ください。

たったこれだけ!努力いらずの人生の変え方知ってる?ヒントは自律神経

危ない!血液ドロドロ毎日イライラを簡単解消!鍵は自律神経

 

 

 

 

 

健康やアンチエイジングに役立つ知識を以下の記事でもご紹介しています。是非ご覧ください。

正しい知識を知ろう!お子さんに何気なく与えているそのジュース!本当に大丈夫?

その野菜本当に大丈夫?無知は損する!バクロスTV

40歳でも健康で若い体を維持する病気知らずの呼吸法とは

 

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

コメントを残す

ページの先頭へ