日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

早いもので今日は8月最後の日曜日ですね。

 

学生さんは明日から2学期という方も少なくないのではないでしょうか?

 

夏休みの宿題を溜めていた学生さんは今日必死で溜まった宿題に取り掛かる!そんな人もいるのかもしれませんね。笑

 

さて、昨日のブログで「人とは違う経験や強みを持っていることがどれほど自分の資産価値を上げるか?」という視点の一部をご紹介しましたが

今日のブログではそのことを少し掘り下げたいと思います。

 

あなたの行動や思考は目的がはっきりしていますか?

 

ちなみに上記の夏休みの宿題という話題に話を戻すと

 

僕は学生時代どうだったか?と言うと、

 

ある年は夏休み終了間際ギリギリまで宿題を溜め、ある年は夏休みに入った途端終わらせてしまう。

 

このどちらかがほとんどだったように思います。

 

夏休みの宿題に限らず、テスト前の勉強に関しても僕は一夜漬けで短時間集中で一気に片付けてしまおう!

 

そうやって目の前の勉強を処理することが習慣化されていました。

 

つまり、毎日少しずつでもいいからコツコツと勉強に励む!←この姿勢が特に苦手だったわけですね。

 

 

 

この姿勢を大人になった今、どう思うか?

 

はっきり言って学生時代の僕のような一夜漬け型勉強方法や処理の仕方は時間と労力の無駄と考えます。

 

 

現に僕は一夜漬けして覚えた勉強の内容を大人になった今ほとんど覚えていません。

 

これは僕だけに当てはまるわけでなく、全ての人間に当てはまる事象です。

 

 

ドイツの心理学者エビングハウスの忘却曲線によると、

「人の脳は前日に起こった7割のことを忘れてしまう。」

こういった統計があるのです。

 

 

情報量の多い現代で、必要外の情報は勝手に忘れていってくれるように人間の脳みそは出来ているというのです。

 

覚えたことを安定させるには習慣化がカギ

 

では、どうすれば記憶を安定させられるか?と言うと、

3日坊主にならないような習慣を作って、定期的に自分の脳みそにアプローチを加える。

 

その具体的な方法が勉強であったり、日記を書くであったり、筋トレであったりするわけです。

 

逆にこの作業をやらずに一夜漬け作業を繰り返すと

 

一度に詰め込み過ぎる情報量が多いので、そのほとんどの記憶が脳に定着せずに忘れていってしまう!可能性が高くなるわけです。

 

せっかく苦労して勉強や宿題をやったのに記憶に定着しない!

 

これって時間も労力も非効率ですよね?

 

 

 

ちなみに、もし目的が「一夜漬けする」であった場合は

一夜漬けする作業を無駄とは全く思いません。

 

一夜漬けするという目標を達成すること自体が目的の場合は、目的達成へのアプローチとして成功しているからです。

 

 

でも、勉強の目的が「何か新しい知識や技術を習得するため」であるならば一夜漬けはオススメ出来ないだろう!ということです。

だって上述して来たように、一夜漬けでは記憶に定着しにくいので新しい知識や技術を記憶に定着出来ない可能性が高いからです。

 

 

 

 

例えば、

 

1つの分野の研究や勉強を1日8時間の作業で終わらせるのと

 

毎日1時間×8日間続けるのとでは得られる効果が全く異なるわけです。

 

当然、習得率は後者の方が高くなります。

 

 

ここで大事なのが、

せっかく勉強や努力をしていても

「目的意識」がはっきりしていないと得られる成果が大きく異なって来る!というポイントです。

 

 

そして、自分自身では「目的」の設定が上手く出来ていると思っている人の中にも

案外、「目的」が明確化されておらず照準がブレていたりボヤけてしまっている人が多いようです。

 

 

 

自分の考えや思考が一体どこまで明確になっているのかを一度しっかり考えてみる重要性

 

ここで昨日の売れない僕の芸能人生を180度変えたオーディション!あなたにもそのチャンスは必ずあるのブログの内容に話を戻します。

 

僕が上海のテレビオーディションに参加する時、僕は最終的に

 

「このチャレンジが失敗したらいっそ芸能活動を諦めよう!背水の陣の覚悟で挑むのだ。」という気持ちで挑んだストーリーをお話しました。

 

 

 

「目的」→オーディションに何が何でも勝ち抜く!+失敗したら芸能活動から身を引く!

 

 

こうして、オーディション参加する際に頑張る理由と頑張らなかった時に生まれるリスクを最初に明確化しました。

 

その決意やビジョンが明確であったからこそ、結果に繋げることが出来た!と僕は考えています。

 

 

 

 

そして、もう一つ昨日のブログの続き。

 

僕は普通の日本人とは違う中華圏での活動を繰り返して来たことに一時期劣等感を持っていたし、優位性を何も感じていなかった考えを昨日お伝えしています。

 

俺は人と違うから上手くいかないんだ…。

 

でも、現在の僕は中華圏での長い活動や経験がある日中の芸能界両方を知る数限られた人物であることが強みになる生き方をしています。

 

人と違う特技や経験が大きな付加価値を持つようになっていると実感出来るようになってから、僕の生き方は明らかに変わりました。

 

人が出来ないことや分からない知識を持っているなど、人とは違う絶対的な強みがある方というのは間違いなく最強です。

 

その分野においてあなたの右に出る人がいないという強みを持っている場合はなおさらです。

 

 

僕の場合は、人と違う人生を歩んできたからそのような強みを手にすることが出来たと思っています。

 

 

過去の僕は自分自身のことを全く理解していなかった

 

でも、上述したように

 

本来同じ経験を持っていたオーディション参加以前の自分と現在の自分とが、自分の経歴や生き方に対して全く異なった見解を持っていたのも事実です。

 

一方は、マイナスだ。

一方はプラスだ。

 

実はこの思考にこそ大きな問題が隠されています。

 

同じ事象を通して2つの視点は全く異なるのです。

 

一言で言ってしまえば、それは「目的」が明確化されているかどうかだけなのです。

 

以前の僕は、

 

中華圏で経歴がある=だから何?

 

 

という感じの思考をしていて、中華圏での人とは違う経験値を自分の資産に変えていこうなどという目的など微塵もありませんでした。

 

 

結果、毎日を何となく過ごしていたように思います。

でも、現在の僕は

 

 

中華圏の経歴がある=この強みを自分の仕事や生き方に役立てるぞ

 

という明確な目標があります。

 

 

こうやって考えるようになると、日々一生懸命どうやったら仕事になるかな?とか、

 

どうやったら自分の経験値を活かせるかな?など「中華圏での活動や経験やネットワーク」を中心に物事を思考する癖が付くし、

 

そういった方面の情報などにもアンテナを張りやすくなります。

 

 

こうしてコツコツと自分改革や意識改革をしていくと、確実に自分が思い描いた方向へと人生が舵取りを始めているのです。

 

今日のブログでお伝えしたのは、あくまで一例に過ぎないかもしれませんが

 

少なくとも僕はこうやって自分を変えて来ました。

 

 

その結果、オーディションに受かったり、プロデュースの仕事を依頼されたりなど結果に繋がって来たというのも事実です。

 

もしブログを読んでくれている自分も成功していきたい!と考える若いタレントの卵の皆さんがいるならば

 

 

あなたの「目的」をはっきりし、その目的を叶える為に毎日少しずつその目的に向かう為の努力を習慣化させることを強くオススメします。

 

毎日続ける努力ならば、1年後にはとんでもない自分を作り上げているかもしれませんよ?

 

 

この記事をいいと思って下さった方は是非思いやり募金として「いいね」を押してくれるとブログを書く原動力として僕のHPが5ポイント回復します。

コメントやSNSのシェアをしてもらえたら10回復しますので、是非思いやりのおすそ分けで元気づけてください。

 

 

次の記事これから芸能界を目指すならば芸能活動で稼ごうという考えは捨てるべき?その理由は?も是非ご覧ください。

 

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使え

自信を手に入れる方法。自信がなくても芸能人になれる