日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

さて、昨日はかねてよりこのブログでお伝えしていました中国や中華圏に向けて活動の幅を広げて活躍していける未来の女性オピニオンリーダーを発掘する為のオーディション「Tokyo Mandarin Award」の記者発表会がヒルトンお台場にて開催されました。

オーディション情報を掲載したHPはコチラから!

 

会場にはオーディションのオフィシャルメディアパートナーである微博Japanさんやポジラジさん、日中商報さんのほか、イベント協賛の日和商事さんや青島ビールさん、アジアンエクスプレスさんをはじめ、多くの関係企業さまや日中関係者の皆さんにお集まり頂きプレス発表を開くことが出来ました。

 

 

Tokyo Mandarin Awardのオーディション情報や詳細情報は10月1日に入りましたら改めて発表をさせて頂くことになっていますので今回のブログではその内容には触れずに昨日のご報告をしていきたいと思います。

 

 

 

 

昨日、まず何より感じたのは日中関係の業界は狭いなということと、だからこそ非常に大きなチャンスがあると感じたことです。

 

ご交流をさせて頂いた方々の中には9月8日9日に代々木公園で開催されたチャイナフェスティバル2018にもいらっしゃっていたという方も多く、僕にそのお話をなさってくださった方々も大勢いました。

 

皆さん、日本で開催される日中文化交流イベントには日頃からご参加されているという方ばかりなので、必然的に同属のイベントでお会いする機会も増えてくるわけです。

 

いわば日中友好や日中ビジネスの場において最前線でご活躍なされている方々ばかりなわけです。

 

そんな方々に多くお集まり頂いた昨日の記者発表は非常に実りの多い時間や機会になったと実感しているし、僕も「Tokyo Mandarin Awardオーディション部門」の総合監修としてこれまで以上に身が引き締まる思いを受け止めています。

 

 

お集まり頂いた皆さんはそれぞれご活躍されている場所や発信情報や内容など、その違いはあれど、ほとんどの方がビジネスや文化交流を通じて日中関係や世の中を良くしていこう!と奮闘されている方々です。

 

一人一人、一つ一つの発信では弱いものかもしれませんが、同じ思いを抱える方々が多数集まれば大きな力に変えることが出来ます。

 

昨日はTokyo Mandarin Awardが今後、きっと素晴らしい情報発信の場になっていく。そう実感してやみませんでした。

オーディション情報を掲載したHPはコチラから!

(昨日のスピーチの様子です。)

 

 

そして、もう1つ。

 

昨日は個人的にこのオーディションをプロデュースしていく上でめちゃくちゃモチベーションを引き上げられる素敵な出来事がありました。

 

 

 

 

 

それは昨日のイベントのネット情報を見て一般参加をしてきた高校3年生の女の子がいたことです。

 

彼女は大人ばかりが集うパーティ上で一人だけ制服で参加をしていたのでもちろん目立ちました。

 

僕はてっきり来賓したどなたかのお子さんだとばかり思っていたのですが実はどうやらそうではなく、パーティにはたった一人だけでやってきたというのです。

 

高校3年生の女の子が大人しか集まらないヒルトンホテルのパーティにですよ?

 

 

 

僕が同い年だった時にそんな勇気や度胸あったかな?絶対なかったわ!

いや、そもそもそんな必然性や思考回路さえも全く持っていなかっただろうし、自ら進んでしかもたった一人であんな場に乗り込むなんて間違いなくしなかっただろうな。

 

 

 

正直、話を聞いてその行動力と胆の据わり方にただただ驚きました。

 

しかも僕ら大人と話していても非常に堂々としていて、しっかりとした自分の意見や主張が出来る子で、物怖じもせずに場慣れさえ感じさせるそのポテンシャルには本当に圧倒されました。

 

 

 

 

「最近の女子高生はみんなこうなのだろうか?いや、きっと彼女が特別なのだろう。」

 

 

 

 

更に話を聞いてみると彼女は日中のハーフとのことで、小学校までは上海の日本人学校浦東校に通っていたというのです。

 

「さすが上海日本人学校!優秀な子を輩出していますね。笑」

 

 

 

 

 

たまたまなのですが僕も住んでいた上海という都市で少しだけ住んでいた期間が互いに重なっていたということや、これまで上海日本人学校浦東校では過去に二回の講演をさせて頂いた経験が個人的にあり、そういった意味でも親近感や思い入れがある学校を出身にした女の子が僕がプロデュースするオーディションにこれから応募しようとしていて、その情報を取る為にわざわざ一人でパーティ会場にやってきた。

 

これは僕にとって非常に衝撃的なことでした。

 

 

 

 

 

そして彼女は熱く僕に日中関係をもっと良くしたい!

 

自分の育ちや生い立ち、これまでの人生で感じてきた様々な出来事から、本気で日本と中国を良くしていきたいと考えている!その思いを語ってくれました。

 

 

 

 

 

響きましたね~。

 

 

 

 

こういった若い芽がきっとこれからどんどん出てくるのだろう。

その為にも僕ら大人世代が若い人の道しるべを築き上げ、引っ張っていけるような取り組みをしなければいけない。

 

女の子のパーティ参加という出来事から襟を正される思いをヒシヒシと感じたのでした。

 

 

 

 

 

 

Tokyo Mandarin Awardという中華圏向けのオーディションを通じてきっと昨日の女の子のような素晴らしい人材に沢山会えるのだと思います。

 

そう考えたら本当にワクワクしますね。

 

 

(こちらは渋谷センター街入り口付近のビル上オーロラビジョンで現在毎日配信されているオーディション関連動画です。10月11日までが第一回目の配信となりますので渋谷に立ち寄られる方は是非ご覧ください。)

 

 

さあ、正式なメディア発表が昨日行われたということで今後は正式に始動していくだけです。

 

プレッシャーもありますが、それを力に変えながら必ず皆さんにご応援して頂けるような有意義で発展性のあるイベントにしていきたいなと思っています。

 

引き続きオーディション情報はこちらのブログでも発信していきますので、どうぞご注目頂ければ嬉しいです。

 

ご応援よろしくお願します。

 

中華圏で活躍する未来のKOLを発掘しよう!オーディション一般公募スタートこちらの記事からオーディション情報へアクセス可能です。

 

 

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使え

 

 

 

日本人が知らない中国芸能界や中国エンタメ界のあれこれ!