日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

いよいよ今日から9月がスタートしました。

 

 

 

すでに2018年も残り4ヶ月!

 

一年のうちの3分の2が経過したということです。

 

一年の後半戦をどうやって過ごしていくかで確実に来年は違う一年になっていくでしょうね。

 

そんな中で、今日のブログでは「お金」に対して考えてみたいと思います。

 

 

お金がどんな存在か実はよく本質を理解していない人も多い

 

まず最初に最も重要なことをお伝えしておきたいと思います。

 

「お金の本質に対して理解を深めないと幸せな生き方が出来ない」

 

ということです。

 

 

 

何故なら世の中のほとんどの方々が生涯を「お金に対する悩み」に振り回されて

 

やりたくない仕事をやったり、
お金がなくてやりたいことをやれずに
または買いたい物を買えずにして困ったり、
お金の為にトラブルに巻き込まれるなどして過ごすからです。

 

 

当たり前ですが、一般的にお金が最低限なければ生活も出来ないのは常識なわけで

 

食べることや寝ることと同じぐらいお金も大事だと思って生きている人は少なくないと思います。

 

かと言って世の中にはお金を持っているのに幸福度を実感出来ずに生きている。

 

そんな方々のお話をよく耳にしますね。

 

 

お金を持つことは幸せとは直結しない場合もあるのはなぜ?

 

例えば、宝クジで1億円を当てたら残りの人生は楽しく暮らしていきたい!と考えて生きていた人がある年本当に当たりくじを引いてしまった。

 

それで残りの人生を幸せに生きていけるかと思いきや、逆に数年後破産してしまい借金まみれの不幸な人生を送らざる得なくなった。

 

こういった話を誰もが耳にしたことがあると思います。

 

逆にお金がなくても幸せを感じて生きているという人も世の中には存在します。

 

ただ、こういったケースはかなり稀でレアと考えるべきでしょう。

 

 

実際はお金を持っていない人で幸せを実感して生きている人の割合はかなり少ないと言えるでしょう。

 

当たり前ですが、お金があるのとないのとでは人生における様々な場面において選ぶことが出来る選択肢が大きく異なって来ます。

 

欲しい物が買えない。

駅から遠くて地理的に不便で狭い家にしか住めない。

旅行やレジャーなど、ストレス発散の手段や新しい体験、体感、刺激を受ける機会が減る。

 

生活の為にやりたくない仕事をやったり、好きでもない会社に勤めなければいけない。

仕事の内容や時間、場所を自分の意思決定ではなく他人の意思に従って決めなければいけない場合が多い。

 

などなど…。

 

他にも挙げたらキリがないですね。

 

 

 

きっと世の中の大半の人が

 

お金を持っているのと持っていないのとではどちらがより幸せを感じられるのか?と質問をしたら、前者と答えるでしょう。

 

 

 

アメリカの研究によると幸福度が高いのは年収いくら?

 

そこで少し面白いデータがあります。

 

アメリカのパデュー大学の研究チームが全世界の100万人以上を対象にして「人生満足度に関する世論調査」のデータを分析したところ、

 

個人の収入と幸福度の関係は、所得が多い方が幸福度が高いという結果が見られたというのです。

 

細かく分析すると幸福度には男女差が存在したほか

 

収入が増えれば増えただけ幸福度が増すというわけではなく、ある一定の年収を超えると幸福度の頭打ちの傾向が見られたというのです。

 

その数値は国によってバラつきはありますが、ほとんどの地域で年収1000〜1400万円といった数値でした。

 

それぞれの国における物価や生活環境、国内情勢などは違いますから数値だけを見て一概に日本と単純比較するわけにはいかない要素もありますが

 

それでもこの数値は非常に参考になる注目すべきデータであると思います。

 

 

上記のデータによると年収1千万円の人と1億円の人との間で実感している幸福度の平均値はさほど変わらないということになります。

 

少なくとも統計上は、あらゆる世界の人々がお金はないよりはあった方が良いが、別に持ち過ぎなくても良いと感じて過ごしているということです。

 

その具体的な年収はおおよそ1千万円ということです。

 

 

お金と幸福度をどのように切り分けて、もしくは同一線上において歩むか?

 

お金を持ち過ぎても幸福度には直結しないという最新のデータもある中で、

 

じゃあ何故お金儲けをしたいと考える人が世の中には一定数いるのか?

 

それは一概には言えないものの、お金があれば幸せになれると考える人間が一定数存在していたり、お金がないことは不幸だと考える人が多いという理由などがあるでしょう。

 

もう少し掘り下げると、お金に対する恐怖心や脅迫観念を内在的に抱えているという方もいるかもしれませんね。

 

今の資本主義社会の仕組みの中では、食べたり眠ることと同じようにお金は生きていく上で最低限必要なものだ!ということだけは間違いありません。

 

そして、生きていく上で必要なものだからこそ「お金」という道具を上手く使いこなして共存していく術を身につけなければ我々人間はお金に振り回されてしまうということも同時に自覚しなければいけません。

 

具体例でいうと遺産相続問題などは分かりやすいかもしれませんね。

 

 

本来であれば関係が最も濃いはずの家族や一族が、遺産問題で泥沼化するほど大揉めし、関係修復の可能性ゼロといったドロドロの骨肉の争いを繰り広げている話はあちこちで耳にします。

 

これはお金に振り回された典型的な例です。

 

 

他にも「お金の為」に人殺しをしたり、詐欺をして誰かを騙したり、奪い合ったり…

 

お金に纏わる負のニュースは世界中で後を絶ちません。

 

 

 

これらはみなお金に人間が振り回される形で派生した悲しい事象です。

 

一方で、上記のような犯罪や他人を傷つけるような問題を起こさないとしても

 

世の中の大半の人が結果的にお金に苦しめられて、お金に振り回された生活を余儀なくされているのも事実です。

 

先に述べた

 

生活費を稼ぐ為にやりたくない仕事を嫌々やっているとか、

 

お金がないから〜出来ない!などもお金に人間側が飼い慣らされている例と言えるでしょう。

 

 

だって、お金によってあなたの行動や思考が制限されているということですから。

 

この場合、

 

「お金を稼ぐ為に働いている=お金の為に働いている。」

 

ということです。

 

 

つまり、お金の存在によって人間側が働かされているということです。

 

少なくとも人間がお金をコントロールしているわけではないのです。

 

 

 

これは昨日までのブログで度々強調して来た「目的の明確化」の問題と直結する話です。

 

上記のようなケースの場合、

 

目的はあくまでお金を稼ぐことであり、

 

幸せになる為に働くということが目的ではないのです。

 

もう少し踏み込んだ表現をすると

 

あなたは幸せに生きたいですか?不幸に生きたいですか?

 

と質問された場合、誰だって幸せに生きたいと答えると思います。

 

じゃあ、あなたは働いていて幸せですか?辛いですか?

 

と質問した際に「幸せです」と答えられる人は極端に少なくなると思います。

 

出来ることなら働かずに生きていきたい!と考える人だって相当数いるのではないでしょうか?

 

 

少なくてもお金を稼ぐ為に働く!という考え方からの脱却を始めないと永遠にお金の為に働き続ける人生は変えられない!

 

じゃあ何故働くの?

 

だって働かないとお金が手に入らないし、そしたら生活出来ないし…。

 

恐らくはかなり大多数の人がこのような状況下で仕方なしに働くという行動を取っているのではないでしょうか?

 

逆に働くのが大好きで大好きでたまらない!あ〜幸せ!などと考える人はかなり限定的だと思います。

 

お金という生活する上で必要になってしまう道具を稼ぐ為に働いている=幸せになる為に働いているわけではない!

 

自分でも知らず知らずのうちに、「お金を稼ぐ為」に働かなければならない状態に目的をフォーカスしてしまっている方は少なくないと思います。

この状態を脱するのはとってもとっても難しい問題ではあるのですが、

 

 

でもそれでもお金の悩みからの脱却を図ろうと思うのであれば

 

まず最初にお金に対する今までのあらゆる固定観念や認識そのものを変えていかないと永遠にお金の悩みや問題は根本改善出来ないとも言えます。

 

電車の中吊り広告でよく見かける日能研さんの「四角い頭を丸くする」といった、物事を正面からではなく、斜めぐらいから俯瞰出来るような柔軟さが必要なわけです。

 

長くなってしまったので、続きは明日のブログに書いていこうと思います。

 

 

 

最後にこの質問をさせてください。

 

あなたはお金の為に働いたり、お金によって思考や行動を制限される生き方をしたいですか?

 

 

それとも、お金のことなど何も考えなくて自由にやりたいことをやって自分の好きなように生きる生き方をしたいですか?

 

昨日のブログ人生や芸能活動で成功したいならあなたの生き方をもっともっと明確化させるべき理由と一緒のことを言います。

 

 

 

「出来る出来ない!」ではなく、目的をフォーカスするとしたらどちらにですか?

 

そこであなたが出す答えが明日のあなたの人生に繋がっていきます。

 

次の記事、これから売れたい芸能人の卵はまずお金について深く勉強するべき!その理由は?も是非ご覧ください。

 

この記事をいいと思って下さった方は是非思いやり募金として「いいね」を押してくれるとブログを書く原動力として僕のHPが5ポイント回復します。

コメントやSNSのシェアをしてもらえたら10回復しますので、是非思いやりのおすそ分けで元気づけてください。

 

自信を手に入れる方法。自信がなくても芸能人になれる

芸能活動をするタレントの卵達が芸能活動の資金源を生むという発想が必要な理由

これから芸能界を目指すならば芸能活動で稼ごうという考えは捨てるべき?その理由は?

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

売れない僕の芸能人生を180度変えたオーディション!あなたにもそのチャンスは必ずある