日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

皆さんは日頃、毎日のニュースを見て世の中の流れをチェックしている!

 

 

そんな方は少なくないと思います。

 

僕も昨日の高校野球、金足農×近江の試合結果をヤフーニュースを見て知り

 

前代未聞の「2ランスクイズ」という文字に思わず二度見!

 

 

えっ?
2ランスクイズ???

 

 

いったい何のことだ?と思い、活字ではいまいちピンと来なかった為、

 

 

その後すかさずyoutubeでその動画を検索し、どのような状況だったかを確認!

 

 

ようやく腑に落とすことが出来ました。

というか、あれは凄いですね。

 

しかも二塁ランナーの足の速さはビックリ仰天です。

 

あまりの衝撃にその後は中国でも何かビックリ仰天ニュースはないかなぁ?と微博を閲覧し始めます!

 

でも出て来るニュースは大抵芸能人ネタばかりで、あまり仰天するというレベルの記事は見当たりません。

 

まあ、それが普通ですよねー。

 

そんなにビックリ仰天!するようなレベルのニュースはたまにあるからビックリ仰天ニュースなわけです。

 

そうそう見つかるわけがない!

 

なんて思った瞬間…。

 

あった!!!Σ(・□・;)

 

 

ビックリ仰天のニュースが中国で

 

それがこちらのニュース!

 

 

こちら、焼け焦げて見る影もなくなった車の姿ですね。

 

これだけだったら車が事故に遭い、無残な姿になってしまったのだな!と想像するかと思いますが

 

実はこの車は湖南省に住む若い男性が77万元(約1238万円)も支払って購入したBMWで、写真の状態になるほんの数時間前まで納車を終えたばかりの新車状態だったようです。

 

 

 

きっと、車の主人は今後この車に乗って颯爽と街中を走り回る自分の姿を想像して、何日も心ときめかせながら過ごして来たことでしょう。

 

 

「これで女にもモテモテだな!」

「きっとみんな今後羨望の眼差しで俺を見るな!ウシシシシ!」

 

たぶんそんな心境で胸をワクワクさながら下ろし立ての新車を自宅へと運転していったのだと思います。

 

 

そうして自宅に戻って来ると待っていたのは友人達の熱い熱い祝福だったようです。

 

ただ、

祝福の熱があまりに熱かったということなんでしょうね…。

 

 

お祝いのはずがおしまいに…

 

中国式でお祝いと言えばよく登場するのが「爆竹」!

 

春節の際などは無数の爆竹や花火が至るところで鳴りまくり、その光景は日本人が皆ビックリするほど華やかで派手なものなのですが
(日本だと中華街でも見ることの出来るあの光景です。)

 

春節以外でも開店や開業を祝って爆竹を上げたり、お祝いごとの際に爆竹を鳴らすというのは一般的なことなんです。

 

今回のお祝いもその爆竹を使用して盛大に祝福されたようです。

 

ただ、残念だったのが爆竹の火があまりに凄すぎたようで車に引火してしまったとのことです。

 

そうして、祝福は一転して悲劇へ…。

 

新車で購入した真っ白だった1238万円のBMWは、真っ黒な廃車状態となってしまったわけです。

 

車の所有者の落胆する姿が目に浮かぶような事故ですね。

 

 

今日のポイント中国語

 

さて、この話の流れの中で本日のポイント中国語です。

今日お伝えする中国語は英語の「Oh!My god!」です。

 

驚くような事態や信じられないような事態の際にオーマイガッ!と英語圏の方は表現しますね?

 

日本語だと「嘘だろ…」といったニュアンスなんでしょうが

 

「おお、神よ…。」といったレベルでの落胆振りや驚きの程度を表す日本語は存在しないようにも思います。

 

でも、中国語にはその言葉が存在するんですね。

 

それが、

 

「我的天啊!(wo3de tian1a)」という言葉です。
(日本語発音は「ウォーダティェンナ」といった音に近い。)

 

 

ちなみに、この際に用いられる「天」は文字通り神様のことを指し

 

「我的天!」とか、「天啊!」などといった言い回しもします。

 

一昨日の中国で発生したという上記事故は、まさに「我的天啊!」という事故でしたね。

 

それでは、本日もご覧頂きありがとうございました。

 

では、また次回も是非お楽しみに!