日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

突然ですが皆さんは自分に自信がありますか?

 

 

本当に自信の持てなかった過去・・・

 

僕はと言うと、

 

俳優やタレントとして人前に出る機会や人に見られる機会が多い仕事を選びながら

 

実は昔は極度の引っ込み思案で

 

控えめで

恥ずかしがり屋で

照れ性であがり症で

コミュ障で

人前ですぐに顔が真っ赤になってしまうヤツで

小中学校の頃などはいつも先生に指されてみんなの前で発表したりするのをビクビクしながら嫌がっていた

 

そんな自信の無い典型的な人間でした。

 

 

 

 

だから、18歳で初めてテレビのレポーターとしてタレントデビューした時

 

僕はもう心臓が今にも破れてしまうのではないかというほどバクバクしながら大量の汗をかき

不自然過ぎるほど引きつり笑いや硬い表情を繰り返し

あまつさえ同じ手と足が同時に出るほど自分をコントロール出来なくなって
(これマジ話ね!人間って本当にこういうことやっちゃうんだよ。笑)

周りから見たらあまりにも痛々しい状態だっただろうなと自分で今振り返っても恥ずかしい思いになります。

 

 

何度舞台や回数を重ねても緊張癖が治らなかった

 

しかも、

大抵のタレントならば

 

仮に最初は僕ほどではないにせよ、自分で過去の自分を振り返った際に恥ずかしくなるデビューを出発したとしても

 

ある程度回数や現場をこなしていけば小慣れてきて、それなりに様になる人が多いのだと思います。

 

 

 

でも、僕の場合は

台湾で2万枚のCDを販売する記録を作った一連のプロモーション活動や、

上海で一躍有名になった2007年の超大型オーディションなどで大勢の人に見られる数々の経験などを幾度も伴って仕事をこなしたにも関わらず

それほどの経験を何度繰り返してもずーっとずーっとあがり症が治らず、自分にどこか自信がなくて

 

 

「俺、何でこんなに情けないんだろ…」

そんな気持ちのまま、長〜い時間を過ごして来ました。

 

 

昨日書いたブログを書くメリット!資産化へ!自分探しにもなる。というブログで過去の自分のブログ記事を書いた話をしましたが

 

 

その際に、過去の自分がいかに自信がなかったかということも改めて認識したばかりの僕です。

 

 

芸能界で仕事をしながらも自分ではずっと芸能人に向いていないと思っていた

 

 

何が言いたいかと言うと、

 

僕は芸能界に入り、数々の仕事をこなして来た業界歴15年ほどが過ぎた頃でも

 

実は自分に全然自信が持てなくて

 

「俺、芸能界に絶対に向いてないな…」

 

なんて自分でも強烈に自覚していたほど人前に立つのが慣れなくて苦手で

 

とにかく自信がないヤツだったんです。

 

 

 

 

昔の僕は、

そんな自分を周りに悟られるのがとにかく怖かったし、嫌だったし

必死で必死で自信のない自分を取り繕って生きていたというのが今だから話せる真実です。

 

 

 

正直、当時は自分よりも他の誰もが凄く見えたし思えたし

そんな自信のない自分を変えたい一心で仕方ありませんでした。

 

 

 

これって「上海で一番有名な日本人」なんて日本のいくつものメディアにも紹介され、

 

中国ではイメージキャラクターを数社もこなし、自分のMCを務める番組を抱え

 

街を歩けば写真やサインを毎日のように求められていた

 

そんな自分でもこういった心理状態だったということなんです。

 

 

 

恐らくは、俺以上に上がり症で照れ屋で自分に自信がないにも関わらず、人前に出るタレントという仕事を選んでいるなんていう人間は他にいないんじゃないかな?

 

 

そんなことを何度も何度も考えたことがあります。

 

何万人の見ているステージさえ経験している自分が

 

実はいつもビクビクして怖がって、不安で自信を持てずにいる。

 

しかも、何度経験を積んでも一向に自信のない自分を変えられない!

 

それが長い間、僕が芸能界という世界で生きて来た真実です。

 

 

そんな僕が自信を持てるようになったきっかけ

 

 

じゃあ今は?

 

と言うと

 

実はぶっちゃけ自分に自信があります。

 

 

 

もっと細かく言うと、自信があるというよりはダメな自分すらも受け入れられるようになった

 

それが最も正しい表現かもしれません。

 

 

 

 

だから、結果として人前に立ったり出るのが怖くなくなったし、

 

つい先日の土日に司会を務めたチャイナフェスティバルのような沢山の人の前に立ってもあまり緊張したりしない自分がいます。

 

あらゆる経験をこなしても長年、極度の緊張屋であがり症で自信のなかった僕が何故数年前をきっかけに自分を変えることが出来たかというと

 

 

それは多分たった一つのことがきっかけでした。

 

「ありのままの自分を受け入れる」

たったそれだけです。

 

 

 

以前の僕は完璧主義で、満足に出来ない自分に常にプレッシャーをかけていました。

当然現実の自分と理想の自分とのギャップの間にいつもいつも苦しんでいたし、

 

完璧に出来ないことは人前で披露さえしてはいけず、完璧にこなせるレベルになってからじゃないと披露しちゃいけない!

 

そんなことさえ考えていたと思います。

 

 

 

 

でも、40歳から人生リスタート!退社のご報告とフリーからの再挑戦でも明かしたことがありますが

 

僕は数年前に自殺さえ頭をよぎらせながら過ごしていた時期があり、

 

そこから立ち直る際に

 

 

「泥臭くてもいいからとにかく死ぬ気でもう一度人生をやり直そう。」

 

と決めてから、情けない自分も実力が足りない自分も、人間として未熟な自分も

 

 

あらゆる自分を自分で許してやることが初めて出来るようになった気がします。

 

 

そして、ダメな自分を受け入れられるようになった気がします。

 

 

 

 

 

結果、

僕は本当の意味で生まれ変われたような気がします。

 

 

それからは

不思議と仕事であまり緊張したり怖がったりする機会が少なくなったように思います。

 

今日足りない自分は、明日から変えていけばいい。

そんな心の余裕も持てるようになりました。

 

すると以前は大した努力をしていないにも関わらず自分が何でも出来る気になって、無様でダサい自分を露呈したくないから一生懸命にそういった情けない姿を隠してかばい続けてきた姿勢や考え方を取り払うことが出来るようになりました。

 

だって出来ないものは出来ないんだし、知らないものは知らないんだから格好つけて分かったフリや出来るフリをしたって仕方ないって。

 

そして、本当に必要なものは出来ないことや知らないことを出来るフリや分かったフリをして格好つけ続けることではなくて、未来の自分に出会う為に毎日一歩でもいいから歩くことなんだと気付きました。

 

そうやって歩いていると知らない間に自信だって実力だってついてきました。(もちろんまだまだ各方面未熟なわけですがそれも含めてレベルアップする姿を楽しんで生きています。)

 

 

そうやって僕は今でも人前に立ちながら生きる生き方を続けています。

 

 

緊張した際、具体的に使える役立つ方法

 

 

ただ、これだけだと少し抽象的なので具体的な解決策を1つアドバイス出来るとしたら、それは緊張した時に深呼吸することを心掛けてみるということです。

 

 

 

「は?緊張した時は深呼吸試してるわ!そんなんで治るなら苦労せんわ!」

 

 

と思う方がいらしたら、それは恐らく良い深呼吸が出来ていないだけだと思います。

 

もしかしたら深呼吸を1回だけやってみてそれで満足してしまっている!そんな可能性もあるかもしれません。

 

 

深呼吸はゆっくり長く深くやることでその効果を増します。

 

出来るだけゆっくり息を吸ってゆっくり息を吐く!

 

そしてその際、吸った息は全部吐ききってください。

 

こういった呼吸を出来たら数分間、落ち着くことが出来る場所に移動して試してみるんです。

 

控室や楽屋などが人でごった返していて落ち着く環境にない時はトイレなどに移動してやってみるなど最大限工夫する形で。

 

 

呼吸の力は本当に絶大ですから、新鮮で質の良い酸素をたっぷりと体に供給出来たら不思議と緊張が和らぎます。

 

というか正しい呼吸法を取り入れれば緊張を和らげる効果は必ず一定の効果をもたらします。

 

詳しくはたった一日10分の呼吸で若さと健康を取り戻せるの中でその方法をお伝えしているので是非ご覧になってみてください。

 

 

仮に実力不足だって、今頑張っているあなたは絶対的に素晴らしい!自分をありのままに受け入れて褒めてあげて!

 

 

冒頭で皆さんにも聞きましたね?

あなたは自分に自信がありますか?って。

 

 

 

自信がある人は是非そんな自分を引き続き持ち続けてください。

でも、自信がないという人。

 

そんな人は気にしなくたっていい!

 

僕みたいに自信がない人間でさえ、人前に立ち続け、

 

しかもその圧倒的長い時間をビクビクしながら過ごしながらもちゃんと今日まで生きて来ているんだから。

 

 

 

 

あなたがいつか本当の意味で自分を受け入れて自信のかけらを手に入れられる時

 

きっとあなたは自分で自分を褒めてあげられるはずだ。

 

「頑張って来たあなたは偉いよ」って。

 

自信が全くないヤツだって芸能人でいられる。

 

それは僕が証明している。

 

 

だからもし同じような気持ちを抱えながら芸能界を目指している人がいるなら怯えずに進んでほしい。

 

自信がないのはあなただけじゃないよ。

 

そんな人だって過去の僕のように大成功してしまうことさえあるかもしれない。

それが人生なんだよ。

 

自分を受け入れてあげてよ。

良い部分も悪い部分も全部まるごと。

 

 

 

「あなたは絶対に素敵だよ。」

 

 

 

 

まずは今の自分をありのままに受け入れてあげてください。

 

そしてありのままの自分を受け入れることが出来たら自分を卑下せずに必ず今まで頑張って生きてきたあなたを心の底から褒めてあげましょう。

 

そしてその次に、未来の自分がなりたい姿を目を閉じながら想像してみてください。

 

憧れている誰かでもいいし、お金持ちになりたいとか有名人になりたいとかとにかくあなたが心から望む姿を想像してみるんです。

 

そしてもしその姿が見えたら、一度そこで立ち止まってあなたは本当にそういう人間になりたいのか?何故そうなりたいのか?を真剣に考えてみてください。

 

その夢を叶えて実現する為だったらちょっとぐらいの苦労は厭わないぞ!という夢でないならばその夢はあなたが心の底から望む夢ではないかもしれませんよ。

 

 

そして、どうしてもどうしてもそれがあなたが手に入れたい夢で、その夢の為なら努力してしっかり自分をパワーアップさせてみせるぞ!と思えたならば夢への一歩を今からスタートさせてみましょう。

 

筋トレやダイエットを始めてみるでもいいし、自分の夢の実現に近付く為に関連する本を読んだり勉強してみるでもいいし、あなたが憧れている誰かのブログや記事を読んでみるなどしてマインドを引き上げるなどでもいいです。

 

とにかく今自分がいるその立ち位置から勇気を出して一歩だけ踏み出してみるんです。

 

それがあなたが将来の夢を叶える為の大いなる第一歩になるのは間違いないでしょう。

 

今からが新しい人生の始まりです。

 

この記事をいいと思って下さった方は是非思いやり募金として「いいね」を押してくれるとブログを書く原動力として僕のHPが5ポイント回復します。

コメントやSNSのシェアをしてもらえたら10回復しますので、是非思いやりのおすそ分けで元気づけてください。

 

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使え

 

 

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。