台湾、香港、中国本土など中華圏での仕事歴20年
(うち半分の10年は中国暮らし)

 

 

自称!日中友好大使の小松拓也です。

 

2015年の訪日中国人客数

 

 

さて、日本を旅行で訪れる外国人が近年急増していますが2015年は一体どのぐらいの観光客が日本を訪れたのでしょうか?

 

2015年訪日観光客総数=19,737,409人
(内訳)
1位=中国人(4,993,689人)
2位=韓国人(4,002,095人)
3位=台湾人(3,677,075人)
4位=香港人(1,524,292人)

 

なんとアジアのこの4カ国だけで訪日観光客全体の7割以上の割り合いを占めているんですね~。

 

 

特筆すべきは、2015年度を除いて少なくても2003年以降、2014年までの間!全ての年度で一番日本を訪れていた外国人観光客は韓国だったんです。

 

中国本土の旅行客が圧倒的に増え始めたのは実は2014年からなんです。

 

2003年以降、訪日外国人で2014年までの間、トップは常に韓国。2位はほとんどが台湾だったんです。

 

 

では、それぞれの地域の総人口はというと?

中国=13.57億人(2013年データ)
韓国=5022万人(2013年データ)
台湾=2348万人(2015年10月データ)
香港=718.8万人(2013年データ)

 

次に総人口のうち、2015年に日本を訪れた観光客数の国別の割り合いを出してみましょう!

 

中国=13.57億人(約0,37%)
韓国=5022万人(約8%)
台湾=2348万人(約15,1%)
香港=718.8万人(約21,2%)

 

 

総人口に対して訪日している観光客の割り合いは香港と台湾が圧倒的に多いのが分かりますね。

 

 

これは実はそのまま日本を訪れる観光客のリピーター率をも示していて、過去10数年間で最も日本をリピーターとして訪れているのは香港人と台湾人が断トツで1位、2位なのです。

 

 

観光客の中で中国人が日本での消費額がどの程度を占めるか?

 

では次に観光庁データによる2015年度7~9月期の訪日外国人1人当たりの買い物にかける費用のランクを見てみましょう!

1位が中国(14.3万円)
2位が香港(8.5万円)
3位が台湾(5.7万円)

 

少なくとも去年この時期は、日本で消費してくれる経済効果を中華圏の地域だけが上位独占してしまった結果です。

 

つまり、日本で近年報道されている爆買いという現象は中国本土の観光客を筆頭に、香港、台湾という中華圏の地域の観光客が揃って作り上げている現象なのだというのがお分かりになると思います。

 

日本が初めて訪日外国人観光客数1千万人を突破したのは2013年度のことでしたが、

 

去年には2000万人に迫る勢いまでその数字を伸ばし

 

更に今後日本は東京オリンピックに向け、2020年には外国人観光客の数を去年のおよそ倍の4千万人にする!という目標を掲げています。

 

 

台湾や香港は総人口の割り合いからしても、今でもすでに十分過ぎるほど日本に観光客が来ているし、これ以上の極端な増加はそこまで現実的じゃないはずです。

 

 

そうなると非常に多くの人口がすでに訪日しているとは言え、総人口におけるたったの0.37%しかまだ訪日していない中国本土の観光客が日本の観光産業に1番の影響力を持つというのは紛れもない事実ですね。

 

以上のことをデータをもとに伝えたかったのにはちゃんと理由があるからです。

 

 

それは、これまでのブログでもお伝えしてきた同じ中華圏、中国語を話す地域の人々という感じで日本人が漠然と一括りのように認識していても、台湾人、香港人、中国人はそれぞれ違うということを理解した方が良いという点です。

次回のブログ絶対数の多い中国人!リピーター率の高い台湾人、香港人。彼らの違いって?

で是非その理解の重要性を皆さんと共有したいなと思います。

 

 

 

中国人旅行客が本当に求めている日本のもの!爆買いの次は爆体験!

中国人の爆買いはなぜ?その理由と攻略に迫る!①

中国人の爆買いはなぜ?その理由と攻略に迫る②!80後、90後に目を向けて

中国人旅行客の攻略には必須!中国定番ツール「微信(WeChat)」

中国人爆買いはいつまで?課税率引き上げは関係ない?

中国人爆買い!個人旅行客と団体旅行客は違う?