日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

いやぁ、連日本当に暑いですね。

 

暑さで歩くスピードが亀のようにノロくなっている今日この頃です。

 

 

そんな中、家族旅行で日本を訪れている20年来の香港の大親友であるケニーと会って来ました。

 

ケニーは香港で自身のメディア会社であるE Media Plusを経営しているほか、

 

国内外複数の飲食事業を展開していたり、投資家としての顔も持つなど

 

超やり手のビジネスマンです。

 

 

僕とは、ケニーが20年以上前に東京に遊びに来ていた際に共通の中国人の友人を介して知り合ったのがきっかけでその後、連絡を取り合うようになり

 

僕を気に入ってくれたケニーが当時台湾で経営していた芸能プロダクションに僕を所属させてくれ、

 

その後、僕を台湾でCDアルバムのリリースへと導いてくれたのもケニーです。

 

 

こちら↑がその時に台湾でリリースしたCDアルバム「一萬個為什摩」。

 

 

 

中華圏には友人が元々多い僕ですが、

 

ケニーはその中でも恐らく一番長く古くから付き合い続けている親友の一人です。

 

 

大の日本好きで、ほぼ毎年のように日本を訪れる彼ですが

 

日本に来る時は必ず僕に連絡をくれ、

 

僕のその際の仕事の状況が良いとか悪いとか関係なく

 

 

自身はどんどんとビジネスで成功し、立場や地位も益々確立しているにも関わらず

 

東京に来たら必ず僕に誘いの電話をくれ、忙しい時間の中、食事や飲んだりする時間を作ってくれます。

 

本当にかけがえのない友人だし、中国語を勉強して日本の世界を飛び越えたことで築くことの出来た貴重で特別な関係だと思っています。

 

それは僕が中国語に出会ってきっと一番幸せな出来事なんだと思います。

 

今回は自分の奥さんや娘3人だけでなく、

 

お姉さんやお母さんに至るまで、家族総出で日本旅行に来ていましたが

 

家族サービスを終えた夜遅い時間に僕の為に時間を作ってくれました。

 

互いの近況を話し合ったり、

 

共通の友人の話や思い出話にも花が咲きました。

 

22年前に台湾留学を始めたことで中国語や中華圏の人達との付き合いが始まって

 

振り返ってみたら知り合った人間の多くが転職や結婚など、それぞれの人生で多くの変化を迎え

 

その中にはすっかり疎遠になってしまった人もいる中

 

ケニーとは毎年のように顔を合わせている。

 

しかも、ほとんどの場合彼の方から僕を誘ってくれます。

 

僕はついつい目先の優先事項を追いかけてしまい、彼に会える機会がある時でも彼に連絡を取らなかったりして来たので

 

考えてみたらケニーの方が僕に毎回連絡を入れてくれ続けることが20年もの間続いていなかったならば

 

もしかしたらとっくに互いの関係は疎遠になっていたのかもしれない。

 

よくよく改まって考えてみるとゾッとすることです。

 

これからは俺の方からも連絡するからね、ケニー。

 

関係性があまりに当たり前のように感じ過ぎていて、

 

ごくごく当たり前のことにすら全く気付いていませんでした。

 

しかも、誰でも気軽に会えるような立場じゃない凄いヤツなのに…。

 

僕は彼の存在があまりに近すぎて、常に彼に甘え続けて来ていたことにようやく今の年になって気付くことが出来ました。

 

これも自分で独立して、

 

周りの方々の凄さや努力が以前に増して感じ取れるようになったからなのでしょう。

 

 

20年もの間、

 

本当にありがとう。

 

 

ケニーのことは、仕事とかお金とか全く抜きにして

 

一生大事にしていく関係性でありたいと思います。

 

次回は僕から誘います。

 

 

香港の友人に最大級の感謝を込めて!

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。