日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。


(写真は2018年の6月に中国最大手の芸能プロダクション华谊兄弟传媒のトップたちが日本を訪れた際の記念写真)

 

 

 

さて、失踪報道や脱税疑惑騒動でネガティブな形で日本人に広く知られるようになってしまった中国の超有名トップ女優范冰冰(ファン・ビンビン)さんから学ぶことが出来る「今後の時代を生きる芸能人達の新たなビジネスモデル」という視点をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

「は?何じゃそれ?」

 

 

って思う方はいっぱいいるかもしれませんね。

 

 

でも、昨日のブログ今の中国事情を知れば中国芸能事情や中国トップ女優范冰冰(ファン・ビンビン)を理解出来るで非常に競争熾烈な中国芸能市場の中で范冰冰(ファン・ビンビン)さんがトップ女優に長年君臨し続けて来た凄さがどれほどのものか?をご理解、ご想像頂けたのではないでしょうか?

 

たまたま今回は脱税疑惑というネガティブなニュースにより話題として取り沙汰されている范冰冰(ファン・ビンビン)さんですが、彼女がこれまで築き上げてきた実績や富やブランド力や発信力などの資源や資産はどれも紛れもないものばかりです。

(俺だってルイヴィトンのイメージキャラクターやらせてもらいたい!ぶっちゃけ本気でそう思います。笑)

 

 

 

 

「私も范冰冰(ファン・ビンビン)のようになりたい!」

 

と考え范冰冰(ファン・ビンビン)さんに憧れる中国人女性は山ほどいますが、日本人の中にだってタレントを目指したり、有名になりたいと思う人やビジネスで成功したいと考える人が中国人と同様の気持ちになって范冰冰(ファン・ビンビン)さんに憧れたって何ら不思議ではありませんし、むしろ個人的には他人から盗める良い部分は積極的に取り入れるという思考や姿勢は自身の成長や成功の為に非常に大事だと思います。

 

 

范冰冰(ファン・ビンビン)は現代を生きる則天武后(武則天)だった!

ちなみに皆さんは則天武后をご存知ですか?


唐の時代の人物で、絶世の美女と呼ばれた皇后の名前です。


中国5千年の歴史の中で唯一の女帝となった人物でもあり、中国では「武則天」というもう一つの名前の方が
一般的に広く認知されています。





実は現在、渦中の范冰冰(ファン・ビンビン)さんですがこの武則天をテーマにした総制作費56億円と言われる
大作ドラマ『武則天 -The Empress-』で主演の武則天を演じたことがあります。

 

その美貌だけでなく、中国芸能界で長くトップに君臨し続けて来たその存在感は、広くて大きな中国で歴史上唯一の皇后となった武則天とまさに瓜二つと言って良いのではないでしょうか?

 

そういった意味で范冰冰(ファン・ビンビン)さんは現代の武則天と呼んでも過言ではないのかもしれません。

 

 

(ドラマ『武則天 -The Empress-』)

 

競争が激しい中国芸能界を范冰冰(ファン・ビンビン)が長年に渡ってトップ女優に君臨し続けて来た処世術(セルフプロデュース術)に注目

 

さて、現時点で范冰冰(ファン・ビンビン)さんの脱税疑惑はまだ真相が分かったわけではありません。

 

白とも黒とも今は言えない状況ですし、脱税疑惑や失踪騒動に関しては昨日のブログでも散々書き連ねましたので今日は別の視点のお話をしていきたいと思います。

 

 

 

ただ最初に大前提としてお断りしておきたいのは、もし范冰冰(ファン・ビンビン)さんの脱税が仮に黒である場合、その点に関しては全くもって褒められたものではないと考えているということです。

 

その場合は法的にも社会的にも必然的に制裁を加えられることになるでしょうし、そもそも法を犯す行為は認められません。

 

だからこの記事では、今回のケースで例えるところの贖罪に当たる部分は一度抜きにして考えた上で話を進めていく内容なのだとご理解ください。

 

その上でこれから話すことは范冰冰(ファン・ビンビン)さんのこれまでの実績や功績にフォーカスを当てた視点になります。

 

 

 

 

報道を見ている皆さんにとって范冰冰(ファン・ビンビン)さんの一連の報道で流れてくる一本の映画の出演料が10億円という金額や脱税金額8億円という数値は、きっとあまりにぶっ飛び過ぎていてどことなく遠い世界のことと感じてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかもアメリカの雑誌フォーブスが選出する「世界で最も金持ちな女優4位」に輝いた実績があるなど、范冰冰(ファン・ビンビン)さんの総資産がいったいいくらあるのか?と考えたらきっとビックリするような桁なんだろうなと誰もが想像してしまうのではないでしょうか?

 

 

 

「でも、それって結局中国だからそんなに稼げるんだろ?」

 

 

恐らくそのように考えている日本人がほとんどなのではないでしょうか?

 

 

 

 

もちろん中国の市場は今や超巨大だし、同じ芸能エンタメ業界で比べたらその市場規模は日本の10倍以上大きいとも言われています。

 

ですから同じ仕事に携わったとしても日本以上に資産を形成しやすいというのは紛れもない事実です。

 

でも、成功してお金を稼ぐ人がいる裏側には多くの大成出来ない人がいるというのも間違いのない事実です。

 

その意味では中国の競争社会は日本より何倍も熾烈であるという点も決して度外視出来ない視点なのです。

 

今回お伝えしたいのは日本より遥かに競争が激しい中国という国において、范冰冰(ファン・ビンビン)さんという女優が長年トップ女優として君臨し続け、「第一線で活躍し続けて来た」という処世術に関してなのです。

 

 

范冰冰(ファン・ビンビン)というブランドの持つ強み

 

ではここで范冰冰(ファン・ビンビン)さんの持つ強みをざっくり挙げていきましょう。

いわゆるブランド力ですね。

 

 

①万人が認める美貌(外見)

②世界的な国際映画祭で最優秀女優賞を獲得するほどの演技力(エンターテイナーとしての実力)

③中国で老若男女誰もが知る知名度を持つ。世界的にも有名な国際スター。(圧倒的な知名度)

④微博に6259万人のフォロワーを持つ(オリジナルメディア化された自主コンテンツに巨大な情報発信力及び集客能力を備えている。)

⑤洗練されて自立した憧れの女性の象徴になっている。(高級なブランドイメージ力)

 

 

と、まあ簡単に挙げただけでもめちゃくちゃ洗練された女優であるということだけは一目瞭然ですね。

 

 

 

②〜⑤の項目は彼女だって最初からこんなに凄かったわけではなく、全て後天的な努力によって積み上げられた賜物でしょう。元々は范冰冰(ファン・ビンビン)さんだって一人の一般人であり、無名な時代も少なからず経験しながら今の地位を確立して来たわけです。

また、①の美貌という点は先天的な要素が大きいのは間違いありませんが、37歳という彼女の年齢から考えると日頃から相当な努力やケア&メンテナンスに力を注いでいることは容易に窺い知れるので、結局はこちらの項目も彼女の類い稀なる努力の上に成り立っていると言っても過言ではないでしょう。

(范冰冰(ファン・ビンビン)さんの整形疑惑はこれまで度々取り沙汰されて来ましたが真相は分かりません。)

 

いくら元が美人で可愛くてもぶくぶく太って締まりのない顔や身体つきをしていたら彼女に憧れる人など誰もいなくなってしまいます。

 

 

日本では松田聖子さんが永遠のアイドルとして年を重ねても美しく綺麗な美貌を誇り続けて今でも多くの女性の憧れの的に輝いていますが、范冰冰(ファン・ビンビン)さんも松田聖子さんと同じように尋常ではない努力でこれまでの地位を確立して来たということだけは間違いなさそうです。

(ちなみに松田聖子さんには男性ながら個人的に「僕も年を重ねてもあんな素敵な年の重ね方をしたい」と憧れています。やっぱり美しい人や物というのは理屈抜きに人の心を吸引するパワーがあるのだと思います)

 

 

 

 

 

ただ、今回の記事で最もフォーカスしたいのは范冰冰(ファン・ビンビン)さんの女優としての美貌や実績ではなく彼女の抱えるもう一つの顔の方です。

 

それが経営者、プロデューサーという范冰冰(ファン・ビンビン)さんの存在についてです。

 

個人的にはこのポイントこそが今の范冰冰(ファン・ビンビン)さんを作り上げて来た最大の要因であると理解しています。

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと、范冰冰(ファン・ビンビン)さんは自分がどのようにすれば売れるのか?どのようにすれば自分がより輝くことが出来るのか?

 

それを理解して実行し、具現化させるセルフプロデュース能力に人一倍長けていたからこそ今の地位を築いて来たということです。

 

 

 

これからの時代、芸能人やタレント、ビジネスマンもセルフプロデュース能力が非常に強みになる

 

上記の①〜⑤の范冰冰(ファン・ビンビン)さんの強みは、その一つ一つのどれもが

 

「凄すぎるだろ、これ!こんな神モード入った状況だったら何をしたって売れ続けるだろ!」

 

と言いたくなるような圧倒的なブランド力だと言えるでしょう。

 

だって実際に神がかったヤバいレベルのブランド力ですよね?

 

 

 

 

 

ただ、何度も言いますが范冰冰(ファン・ビンビン)さんだって最初からそうだったわけではないのです。

 

 

 

 

 

例えばどこかの目的地を目指す場合、歩くのと走るのだったら走った方が当然速く着きます。

でも燃費は悪いから疲れますよね。

だったら疲れずに速くたどり着く方法は車だったり、新幹線だったり、飛行機だったりのツールを利用するということになるわけです。

 

 

ただ、当然のことながら便利なツールを利用するにはお金がその利便性に応じて発生します。

 

 

 

その時、あなたはお金をケチって歩いて目的地を目指しますか?それともお金で手間や時間を買いますか?

 

人生には誰にでも常にこういった様々な選択が日々求められます。

 

その積み重ねた姿がきっと今の僕であり、今のあなたであり、范冰冰(ファン・ビンビン)さんであったりするのです。

 

 

 

自分を客観的に可視化して俯瞰的に眺める能力というのは言葉で言うのは簡単ですが、実現させるのは非常に困難なことです。

 

そして世の中のほとんどの人がそれが出来ないでしょう。

 

 

 

 

それはある意味、家を建てる作業と似ているのかもしれません。

家を建てる前には必ず設計図が必要です。

設計図を作らずに家造りを初めてしまったらどんな形になるのか?そもそも間取りもデザインもあったものではありません。

 

そして設計図を描いたならば最初に取り掛かる作業は決まって地中の基礎つくりからです。いきなり天井を作ったり二階から建て始めるなど出来ないのです。

 

 

要は家造りには必ずカスタマイズする上で順序や法則性があり、それに従って組み立てをしないと家が具現化しないということなのです。

 

そしてこのことは人生のセルフプロデュースにおいても全く同じことが言えるのです。

 

ほとんど全ての人が自分をどのようにカスタマイズしていけば最高の自分自身に仕上げていけるか分かりません。

 

分かる人はみんな一流になっているでしょう。

 

 

 

 

そして、ある程度センスのある方々ならば家を建てる技術や能力は優れている場合もあるかもしれません。

これは人間で言うならば職人や技術者、エンタメの世界で言えば俳優やタレントなどがこれにあたります。きっとこういった方々は一般の人よりも付加価値の高い立派なものやサービスを作って人に提供することが出来る方々です。

 

でも、良いものを作る能力はあったとしてもその物を自分自身で売る術を知らなかったり持っていない!という場合が往々にあります。

俳優はいくらいい演技が仮に出来たとしても自分で自分に対して俳優の仕事を与えることが出来ないわけですから。

それが出来る俳優は俳優兼オーナーもしくはプロデューサーの肩書や仕事を持つ俳優に原則限られるわけです。

 

 

 

 

ここで言いたいのは范冰冰(ファン・ビンビン)さんには上述した様々な能力や条件が備わっていたということです。

 

彼女は女優兼プロデューサー&実業家という存在だからです。

 

当然自分自身の仕事を自分自身で作り出し続けていた人でした。

 

それこそが芸能人にとってのセルフプロデュース能力の最も重要なポイントなのです。普通はそれが出来ないのですから。

 

 

 

 

ただ、超高性能な人間にとって利便性の高い”道具”は時としてもろ刃の剣となる場合もあります。

 

しっかりと勉強や訓練をしないと車も船も飛行機だって乗りこなせるようになりません。

 

それはお金や実績や知名度やメディアであっても、その適切な扱い方を理解していなければ結局は上手く乗りこなすことなど出来ないのです。

 

 

 

 

振り子の原理と一緒で振り幅が大きいものほど戻り幅も大きいですからね。

 

范冰冰(ファン・ビンビン)さんは自分自身に備わった「大女優」という超高性能な「ブランド力」という巨大な力を「プロデューサー」という一流の設計士として描き出す超精密な設計図によって導きながらこれまでトップを走り続けてきたのです。

 

 

 

その力はオーケストラで言えば全ての楽器や奏者をまとめる指揮者であり、会社組織で言えばすべての指揮系統を俯瞰して指示する社長であり、エンタメの世界で言えばプロデューサーとしての手腕なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

脱税などのネガティブなポイントにどうしても焦点を合わせてしまう報道が続いていますが、どうでしょう?

 

上記のように考えてみた方が彼女から得るものは我々に大きくないですか?

 

 

この記事をいいと思って下さった方は是非思いやり募金として「いいね」を押してくれるとブログを書く原動力として僕のHPが5ポイント回復します。

コメントやSNSのシェアをしてもらえたら10回復しますので、是非思いやりのおすそ分けで元気づけてください。

 

 

2018年中国ビジネス最前線!日本人にあまり馴染みの薄い貴州省の実態をしっていますか?の記事も是非ご覧ください。

 

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使え

 

 

 

 

罰金約146億円!中国トップ女優范冰冰(ファン・ビンビン)が脱税認める!中国映画界や俳優の今後のギャラにも影響か?

中国トップ女優范冰冰の失踪事件を受けて中華圏芸能歴22年の小松拓也が中国を語る①

中国トップ女優范冰冰の失踪事件を受けて中華圏芸能歴22年の小松拓也が中国を語る②

今の中国事情を知れば中国芸能事情や中国トップ女優范冰冰(ファン・ビンビン)を理解出来る

日本人が知らない中国芸能界や中国エンタメ界のあれこれ!