日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

さて、今日も中国のスポーツ事情に関して話したいと思います。

 

 

今日のテーマは「中国人は本当に団体競技が弱いのか?」について!

 

 

中国は団体競技に苦手意識?

 

 

実際、中国は個人種目に比べると団体競技は苦手傾向にあるという話は中国人からも聞く話です。

 

でも、女子バレーボールや男子バスケットボールなど、団体競技でも中国が強いスポーツもあるので、結論から言えば一概に中国人は団体種目が苦手とは言えないと個人的には思います。

 

 

ただ、中国人と日本人の国民性を比べた時に

 

一般的に「自己主張の強い中国人」と「誰かが突出する意見をしたり行動を取るのではなく、周りの様子を伺いながら周りに同調を図ろうとする日本人」

という文化や習慣の違いがスポーツにおいても色濃く反映される!のは間違いないと思います。

 

中国のラジオ番組でパーソナリティが語ったスポーツ観

 

それらを象徴するかのような話題として個人的に印象的だった出来事で一つ例を挙げるとするならば、

僕が中国在住時代の2012年のロンドンオリンピックシーズン。

 

 

中国のあるラジオ番組で上記の話題を取り上げていた番組がありました。

 

その番組では、サッカー日本オリンピック代表チームがスペインに勝った事実を賞賛すると共に、世界で勝てない中国サッカー代表と日本とは何が違うのか?というテーマをコメンテーター達が分析していました。

 

そこでコメンテーターが取り上げた話題の一つが日本人が「和」や「協調性」を大事にする国民であり、日本人は生活や日常の中に自然な形で協調性を育む習慣があると伝えていました。

 

 

例えば電車やバスで列が出来ている時、割り込みを誰もしないとか、小学校で集団下校の習慣があることなども取り上げていました。

 

また、日本の学校には小学校の頃から毎年運動会が存在し、騎馬戦などの団体種目などを含め、子供の頃からみんなで協力して一つの成果に繋げるようなカリキュラムが組み込まれている!などとも紹介していました。

 

こういった子供の頃から自然な形で協調性を大事にする日本人の文化がサッカー日本オリンピック代表の当時の活躍にも繋がっていたと中国人コメンテーターは分析し、

 

日本人は団体組織として戦略やパスを繋ぐことに国民的に長けていて、個の力に傾倒しがちな中国サッカー代表とは一線を画す点だと話していました。

 

 

なるほどなるほど!

 

日本と中国のサッカーの違いをそんな風に深掘って分析しているのか!

 

日本人の当たり前は世界の当たり前じゃない!

日本人だったら「何で日本人は協調性があるのか?」と問われた時に「だってそもそもそれが当たり前だと思うし!」といったようなアバウトな返答を思わずしてしまいそうですが

 

 

運動会やら騎馬戦やら

 

そんなものも僕らの協調性を鍛える要素になっていたのかもしれない?

 

中国人の分析から考えさせられるポイントも個人的に多々ありました。

 

逆に日本人は団体行動が得意だとしても、強烈な個の力で周りを牽引するようなリーダーを育てるのが得意ではないとも言われるし

 

 

日本と中国、

 

どちらも一長一短があるように感じます。

 

組織力と個人の能力のスペックの高さ

 

正直どちらもスポーツにおいて大事な要素であり、そのバランスが上手く取れているのが理想的だというのはいうまでもないとは思いますが

 

僕も自分自身がスポーツを嗜む人間として、組織力と個人力のどちらに長けている人材がスポーツにおいてより有利か?

 

 

これをあえて言い切るならば、後者の個人力だと思います。

 

 

サッカーなどでも、一人の天才が均衡状態を打開してしまう!などの局面はよく見るし、

 

 

僕の好きなバドミントンという競技に置き換えてもこれは当てはまります。

 

バドミントンのダブルス競技では、ある一定のレベルに達したプレイヤー同士がダブルスを組んで試合をする場合、シングルスと違って組織力を活かさないペアはそもそも勝てません。

 

 

ですが、いくら組織力を高めたとしても最後の最後に試合の行方を左右するのにより大きな影響を及ぼすのは個人の能力値の高さである割合が高いのだと思います。
(もちろん全く組織的な戦い方をしていない場合は論外であり、組織力と個人の能力値を数値化した場合、仮にその数値を同列とした場合におけるより重要性が高いと考える割合の話をしています。)

 

一つにまとまるのも難しいことならば、一人の天才を生み出すのもまた容易ではない。

 

中国人よりも団体行動が得意かもしれない国民性や優位性を持つ日本人ですが

 

リーダーや天才を育てていくような取り組みが強化されたならきっとなお素晴らしい結果に繋がるのでしょうね。

 

 

そういった意味でも、同じアジア人として個の力に長けた中国人とは今後も切磋琢磨していくのが理想なのかもしれないですね。

 

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。