日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

さて、現在お隣の中国でもサッカーワールドカップは大盛り上がりですが

 

今日はスポーツ大国中国と日本とのスポーツに対する考え方の違いに対してお話したいと思います。

 

中国と言えば様々なオリンピック競技で日本よりも数多くのメダルを獲得するほどスポーツが強い国です。

 

例えば僕が趣味でやっているバドミントンも中国は世界屈指の強豪国です。

 

バドミントンは近年、日本も強豪国の仲間入りを果たしていますが、日本は長い間なかなか中国人選手に勝てない状況が続いていました。

 

僕も中国在住時代に中国人とバドミントンを通した交流をしていましたが

 

 

いやぁ、さすが強豪の中国!

 

一般のアマチュアレベルでも日本と比べたら比べ物にならないぐらい強…っ…

 

 

あれ?

 

強くない?

 

えっ?あれあれ?

 

アマチュア選手は全然強くないぞー!

 

 

 

 

正直、中国に住んで受けた衝撃的な出来事の一つが、アマチュア競技としてのバドミントンのレベルの低さでした。

 

サッカーで言えば、ブラジルならスパイクも経済的事情で履けないような草サッカーをしている少年達の中にも、天才少年がいる!などの日本の報道を見る機会は少なくないし

 

 

バドミントン強豪国の中国は、やっぱりアマチュア選手の層も厚いんだろうな!

 

その考えは全く当てはまりませんでした。

 

 

 

厳密に言えばアマチュアにも強い人達は沢山いますが、相対的に見た時に日本のアマチュアよりも平均して弱いのです。

 

上海在住時代は少しでもレベルが高い環境で練習をしようと、行く先々で強い人達が所属しているというチームを聞き回り、あちこちのチームに顔を出しました。

 

更には上海で開催されるアマチュア最大規模の大会にも何度か出場し、優勝や準優勝も経験したことがあります。

 

そうやって最終的には上海でアマチュア最強チームと呼ばれるチームで中国人とバドミントン交流をして来た僕でしたが

 

結論を言うと、確信したのはアマチュアのレベルにおいては確実に日本の方がレベルが高い!ということでした。

 

 

当時のバドミントンの競技レベルは日本よりも中国の方が圧倒的に強い時代!

 

日本でならばバドミントンのオープン大会に参加してみたり、あちこちで行われている練習会に顔を出してみたら必ずインハイ、インカレ出場経験を持つような実力者に出会うものです。

 

 

ですが、中国ではオリンピック選手とまではいかなくても、あと一歩でオリンピックに出られた!というような実力者にすらなかなかバドミントン交流において遭遇出来ないのです。

 

 

 

何で中国では、こんなにも実力者をアマチュア交流会で探し出すのが難しいのだろう?

 

その疑問をかなり低い確率で遭遇することの出来た子供の頃から英才教育を受け、オリンピック手前で最後のふるいにかけられて惜しくも中国代表にはなれなかったという友人に聞いたことがあります。

 

 

友達の答えはいたってシンプルでした。

 

 

「だってお金にもならないのにもうあんな辛い思い二度としたくないもん。」

 

 

えっ?マジ…

 

 

 

確かに中国の英才教育に比べたら大分緩かったんだと思いますが、僕だって学生時代は辛い練習やダッシュを繰り返しながら

 

「何でこんなに頑張ってんだろう」

 

などと自問自答の日々を過ごした経験はあります。

 

 

 

でも、結局は楽しいから趣味として今でも程よい息抜きや運動の一部としてバドミントンを続けているし

 

周りの日本人には僕のように、学生時代はバリバリの競技として経験して来たバドミントンを社会人になってからは趣味として続けているという人が多くいます。

 

これは他のスポーツにおいても全く同じだと思います。

 

 

 

人によってはサッカーや野球だろうし、人によってはテニスやバスケだったり。

 

日本人には趣味としてスポーツを楽しむ文化があるのだと思います。

でも中国のスポーツ実力者にとってはスポーツへの捉え方が全く日本と異なります。

 

 

子供の頃から各競技の英才教育を受けて来たのは、「オリンピック選手やプロになるため」という目的と同列なのです。

 

 

だから、その目標が叶えられないと悟るとばっさり競技を辞めてしまい、趣味としてその後の人生においても競技を嗜む!という考え方に至らない競技実力者の方が多いのです。

 

 

 

もったいない…

 

中国は近年、健康志向が高まっているし、裕福な家庭も増えたことでスポーツを趣味化する人口は確実に増加傾向にあります。

 

 

でも、日本でスポーツを趣味化している人の割合よりは少ないし、実力者ほど競技を単純な趣味には変えていないように思います。

 

 

こういった点からも、なんだかんだ言ってスポーツを趣味化出来ている日本人はまだまだ裕福なのだと言っていいんでしょうね。

 

 

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。