日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

 

9月8日9日の二日間は東京代々木公園でチャイナフェスティバルが開催されました。

 

 

お陰様で二日間ともに天候にも恵まれ、連日大盛況の中、終えることが出来ました。

 

なんと二日間で会場の来場者はおよそ15万人にも及んだようですよ。

 

 

改めて本当に沢山の方々がいらしてくれたんだなぁ〜と嬉しく感じています。

 

昨年のチャイナフェスティバルは台風の大雨の中開催された悪条件でしたので

 

今年は二日間共に最高の環境下で開催が叶ったことがとにかく何よりです。

 

 

そして、沢山の方々によって二日間ともに終日大盛り上がりとなったのは

 

紛れもなく来場し、一緒にチャイナフェスティバルを最後まで楽しんでくれた皆さんのお陰です。

改めて心より感謝を皆さんにお伝えさせてください。

 

個人的にチャイナフェスティバルを総括すると

 

全ての出演者のアーティストの皆さんが素晴らしかったのは言うまでもありません。

 

 

ただ、お一人ずつ感想を語ってもブログを読んで
下さる皆さんが何も面白くないと思うので、

 

代わりに個人的に一番印象に残った場面をお伝えしたいと思います。

 

それは、

 

中西圭三さんのステージでした。

 

チャイナフェスティバル2日目のフィナーレ付近で行われた中西圭三さんのステージ。

 

キーボード兼コーラスとしてシンガーソングライターの平方元さんをサポートメンバーに率いてのステージでした。

 

中西圭三さんがウルトラ超絶凄いアーティストだというのは皆さん知っているとは思うのですが、

 

実は今回中西圭三さんのサポートを務めた平方元さんもヤバいヤバいヤバいアーティストなのです。

 

とにかく百聞は一見にしかずなので、以下のYouTube動画をリンク貼っておくので見てみてください。

 

 

 

有名なWe are the worldを平方元さんがカバーして歌っているライブ映像なのですが、全てのアーティストのモノマネをしながら歌っている映像です。

 

モノマネと歌のクオリティがとにかく半端なくて、本当に鳥肌ものの上手さです。

 

 

 

こちら平方元さんのWearetheworldの動画

 

 

どうですか?

 

 

正直ビビりませんか?

 

 

こんなソウルフルで黒人みたいな歌が歌える日本人アーティストがいたのかと!

 

 

 

今回、チャイナフェスティバルに来ることが出来なかった方や、中西圭三さんと平方元さんのステージを見ることが出来なかったという皆さんでも

 

 

上の動画を見た上で平方元さんがあの中西圭三さんとコラボした!という映像や場面を思い浮かべてもらえたら今回のステージがどれだけ凄まじいステージだったか容易に想像出来るのではないか?と思います。

 

 

 

ステージ終盤ではブラックビスケッツの往年のヒット曲タイミング

 

EXILEがカバーしている曲としても有名なChoo Choo TRAINを披露し、会場は超大盛り上がり!
(2曲共に中西圭三さん作曲)

 

 

それまでの出演アーティストのステージでももちろん盛り上がっていたのですが、

 

 

中西圭三さんのステージで会場は一気にボルテージが最高潮に達しましたね。

 

やはり本物のアーティストのパワーは半端ない。

 

改めてライブの凄さやパワーを感じたし

 

 

 

あの臨場感やエネルギー、会場の一体感はあの時、あの瞬間、あの場所でしか味わえないこと。

 

エンタメの最も素晴らしい魅力だなと実感しました。

 

 

 

いやぁ、

 

 

あんな凄い鳥肌ものの感動と興奮、溢れんばかりのエネルギーが集約されたステージを超間近で体験出来たなんて

 

それだけでもこのイベントに関わることが出来て本当に貴重だったなと思います。

 

僕、小松拓也はこれからも日中友好の為に尽力し続ける人間でありたいし

 

 

中華圏のエンタメ界と22年の間、付き合い続けて来ている一人の人間として

 

互いの国々がwin×winに発展し続けていけるような相互関係を築いていけるようこれからもエネルギーを誰よりも燃やし続けていく日本人でありたいと思います。

 

 

僕は、日本のことも中華圏のことも本当に大好きだし

 

日中友好や文化交流活動を通して、テレビなどで報道されるようなネガティブで偏った情報なんかじゃなく、

 

 

もっとリアルで深みのある情報交換を率先して発信し続けられる日本人でありたいと考えています。

 

 

これまでの人生も20年以上に渡ってずっと続けて来た日中友好への取り組みは今後の人生でも必ず死ぬまで僕は続けていくつもりです。

 

だってそれは絶対に日本の未来の為に繋がるし、中華圏との互いの発展にも繋がる共存共栄の取り組みになると信じているから。

 

日本が抱える人口減少や超高齢化社会の問題、

 

 

 

夢を持つ若者がどんどん減少し、あまつさえ将来の夢を公務員になることと安定志向と公言する学生も増えています。

 

 

公務員になるのがダメなんて全く思っていないけれど、若いうちから生活が安定するから!という理由だけで公務員になりたい!と公言する保守的な若者が増えている現実は社会として問題があると僕は思う。

 

むしろ若いうちは大きな夢を持つべきだし、失敗だってどんどんすればいいと思う。

 

失敗するのを最初から恐れてチャレンジもしない人間が増えたら日本はもっともっと元気のない国になってしまうと思う。

 

 

中国はGDPが日本を超えたとは言っても、国内の格差は日本より遥かに広くて、まだまだ貧しい暮らしをしている人も少なくない。

 

にも関わらず中国人は本当にパワフルでエネルギッシュで、国民一人一人が本当に活力を持っている。
(皆さんの周りの中国人も元気な人多くないですか?)

 

 

僕よりも上の世代の人たちに聞くと、かつての繁栄のど真ん中にあった日本もそういったエネルギーを持っていたという。

 

なんかよく分からないけど、理屈じゃないエネルギーやパワーをアジアの国々の人って持ってます。

 

 

そして、そのワケの分からないパワーがワケの分からないスピードでどんどんどんどん国を発展させる大きな一因になっているのをアジアを回っている日本人ならば誰もが感じて知っているはずです。

 

 

国民は財産です。

 

国民の元気や活力はその源です。

 

今の生活にも、将来にも夢や希望さえ抱かない人が増えている統計さえ出ている。

 

そんな日本嫌だなって思うの僕だけですか?

 

 

 

働き方改革が叫ばれる昨今、

 

僕ら一人一人が変わっていきましょうよ!

 

僕は日中友好はその一つの大きな可能性を秘めた取り組みだと思っているし、

 

日流ブームを起こしたい!というのも一つの目標です。

 

 

昨日のチャイナフェスティバルも非常に重要なイベントで有意義なイベントだし、

 

あの場所に来てエネルギーを感じてくれ

 

僕にメッセージを届けてくれたり、声を掛けてくれた若手の俳優さんなどもいました。

 

俺たち、エンタメの世界で生きてる人間はまずは自分が自分の未来に本気で夢見ようぜ!

 

一度しかない人生を保守的で平凡な人生で送る為にエンタメ界に足を踏み入れたんじゃないだろ?

 

サラリーマンや公務員のように最低賃金の保証すら与えられない茨の道を自ら選んで生きているはずだ。

 

だったらもう一歩踏み込んで夢に投資して生きてみようよ。

俺が中西圭三さんをはじめ、多くのアーティストさんから今回莫大なエネルギーを分けてもらい、

 

 

 

俺ももっともっと頑張らなきゃ!と思ったのと同じように

 

君たちも絶対に日々、誰かからそんなエネルギーを受けて自分のケツを叩き続けて、時には苦しくて不安な日々も体感しながら生きてるはずだ。

 

だったら生き方も考え方も日々の行動も仕事も平凡な平均点で満足する生き方なんかしていないでぶっとんだエンターテイメントな生き方してみようぜ!

 

俺が先陣切ってそんな生き方や取り組みをこれからも皆さんに見せていきますよ。

 

必ず有言実行させていきますよ。

 

簡単じゃないのなんて分かってる!

 

 

でも、動いたヤツにしか掴めないものがあるんだったら俺は掴みに行くよ。

 

普通の人が出来ないことを実現させてしまう!

 

 

それだって立派なエンターテイメントだし、人に夢を抱かせる希望になる話だと思う。

 

昨日のチャイナフェスティバルを通じて、

 

数年後には自分でもこんはイベントやってみたい!とか、

 

こんな発信したいとか

 

俺の頭の中はワクワクで溢れています。

 

 

このワクワクって感情の高ぶりを新たな原動力に変えて今日からまた新しい毎日です。

 

日中友好

日流ブーム

 

 

本気で俺に続いて歩く人、募集しています。

 

俺も君も、絶対にまだまだ本気じゃないはずだ。

 

 

 

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。