日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

皆さんはカロリーゼロやカロリーオフなどの飲料や食品を普段食べることはありますか?

 

コンビニやスーパーなどに行けば今やカロリーがない!と前面に広告を打ち出した食品をあちらこちらに見かけることが出来ます。

果たしてそういった広告を額面通りに受け取っても良いのでしょうか?

 

きっとカロリーゼロだからダイエットや健康にも良い!
と信じて日常的にカロリーゼロ食品を摂取しているという方は少なくないと思います。

でもその考え方はもしかしたら危険かもしれませんよ?

 

カロリーゼロなのに何故か甘い味がする飲み物や食べ物が原因となって、糖尿病や肥満などの生活習慣病を誘発しているかもしれないのです。

 

成分表示表のカラクリ

カロリーゼロ、カロリーオフ、ノンカロリー、カロリーレス、カロリー無などの表示がされた食品は今や見かけないことが難しくなっています。

 

本当にカロリーがないのならば、確かにそれらはダイエットに向いていると言えるし、
過剰にカロリーを摂取しがちな方にとっては強い味方と言えるでしょう。

 

糖尿病患者や糖尿病予備軍の方々にとっても大好きな甘い物をカロリーレスで摂取出来るならば非常にありがたい!
と感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

近年、健康志向が強まっていることでランニングや有酸素運動をする方やジムに通って筋トレやダイエットに習慣的に励んでいるという方は少なくないと思います。

 

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使えの記事でご紹介している通り、
健康だけでなく筋トレやダイエットは日頃摂取する食事によってもその効果を大きく左右されるものですし、
食事の栄養素と並んでカロリーを抑えるという意識はとても重要
です。

 

だからカロリーゼロが額面通りの意味合いを本当に持つのならば健康を意識するあらゆる方々にとって強い味方となるはずと言えます。

 

ですが何故子供のアレルギーは増えた?実はみんな知らない落とし穴の記事やYouTube動画のバクロス研究所でもご紹介している通り、
世の中の成分表示表には多くの方が知らないカラクリが隠されている場合が往々にあります。

 

つまりカロリーゼロやカロリーオフに関しても全く同じことが当てはまるのです。

 

カロリーゼロなのに何故甘い?

皆さんはそもそもカロリーゼロやカロリーオフなどの食品が何故甘いか?
と考えてみたことはありますか?

甘い味がするのにカロリーだけはしっかりカットされているということです。

 

砂糖はカロリーを多く含んでいる調味料なので飲料などの成分表示表を見ても確かに記載がされていません。

 

ですが、代わりに甘味料という記載がありますね?

当然この甘味料が砂糖の代わりに甘さを引き立てているわけです。

 

詳しい内容は記事後半に貼り付けてあるバクロス研究所第四弾の動画にてご紹介しているので是非そちらで詳細の方はご覧頂きたいのですが、
甘味料という表示は「パン」の成分表示同様様々な成分を一括表示している表示方法となっています。

 

この一括表示にこそ危険が含まれているのです。

 

法律は甘味料表示とカロリーゼロの関係を認可

甘味料という表示の中には様々な成分や添加物が含まれています。

ですが「甘味料」と表示を記載すれば一括表示して
甘味料の中にどのような成分が使用されているのかを表示しなくて良いと法律は認可
しています。

 

そしてカロリーゼロと表示されているからと言っても実は太ることも証明されています。

 

テキサス大学の研究では人工甘味料を使ったダイエットソーダを飲んだグループと飲まなかったグループとで調査をしたところ、
飲む人は飲まなかった人の5〜6倍も太ることが分かったと言います。

 

そして、人工甘味料には依存性があるので一度摂取してしまうと次もまた欲しくなるという脳への刺激がかかってしまい、
甘味料を摂り続けたくなってしまう
のです。

 

インスリンが働かなくなる可能性

人工甘味料は砂糖が使われていないとは言え、しっかりと甘い味がしますね?

甘いものだと認識するのは体のどの機関でしょう?

 

当然脳みそです。

 

脳が甘いものだと認識するので、甘いものを体に摂取した次の瞬間、
脳は甘い物を摂ったことで急激に引き上がる血糖値の上昇を抑制しようと大量のインスリンを分泌させます。

血糖値が一定量を保っていられるのは膵臓から出ているインスリンの役割のお陰なのですが、
不摂生や運動不足、加齢などの原因から臓器の働きが鈍くなるとインスリンは減少し、血糖値を下げられなくなってしまうのです。

 

そうして血糖値が慢性的に下がらず高血糖の状態が続く減少が糖尿病の症状と言えるのです。

 

カロリーゼロ食品などに含まれる人工甘味料はインスリンの働きを弱める可能性が高いと考えなければならないのです。

 

まとめ

カロリーゼロやカロリーオフと表示されていても「血糖値は上がりませんよ」とは全く記載されていません。

 

もちろん人工甘味料が使われていません!などと記載はされていません。

 

その表示を確認するのは我々消費者1人1人なのです。

今回、記事でご紹介した内容をより詳しくまとめてあるのがこちらのバクロス研究所の動画なので、是非こちらもご覧になってみてください。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

自立神経を整えて心も体もすっきり健康へ記事特集

血管美人を目指して若々しく健康な体作り!突然死は絶対に防ごう!

 

 

健康やアンチエイジングに役立つ知識を以下の記事でもご紹介しています。是非ご覧ください。

正しい知識を知ろう!お子さんに何気なく与えているそのジュース!本当に大丈夫?

その野菜本当に大丈夫?無知は損する!バクロスTV

40歳でも健康で若い体を維持する病気知らずの呼吸法とは

 

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使え