日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

今日は「中華料理から考える中国人の特性!」を個人的な視点からご紹介したいと思います。

 

中華料理と中国人の思考の接点とは?

 

中華料理の種類って本当に豊富ですよね!

 

特に中国本場の中華料理店に入ると、どこのレストランに適当に入ったとしてもメニューを見ると

 

日本のレストランとは比べ物にならないぐらい料理の種類が豊富だ!と感じた経験のある人は少なくないでしょう。

 

 

そもそもメニューに写真がついていないと、漢字だらけのメニューじゃ日本人には何が何だか分からない!

 

例えば

 

萝卜丝って何?

宫保鸡丁って何?

 

 

などなど。笑

 

 

 

ちなみにそれぞれ順番で紹介するとこんな料理です。↓

 

 

いくら日本にも漢字があるとは言え、全く基礎知識がなければ上記の漢字から、このような料理をダイレクトで連想出来る方は皆無ではないでしょうか?

 

ちなみに僕は

 

まだあまり中国語が話せなかった頃、レストランで注文に困った時は必ずと言っていいほど

 

「麻婆豆腐(マーボードウフ)」と「回锅肉(ホイコーロー)」を注文していました。

 

 

このあたりのメニューならば発音も日本で使われている中国語読みのメニュー発音に近いから、中国人に聞き取ってもらいやすいし、味や料理の雰囲気も日本の中華料理屋で食べられる料理と大差がないため、外すことがほぼないからです。
(たまに「没有!(=ない!)」とか店員に一蹴されて困った経験も数知れず。)

 

 

ところで

 

中華料理ってそもそも何であんなにもメニューの種類が豊富なのでしょう?

 

実は、この視点から中国人の思想や行動の原理に僕ら日本人が近づいたり歩み寄って理解を深めることが出来るんです。

 

 

 

一言で「中華料理」や「中国語」と言っても

 

これらを普段僕達日本人は簡単に総括して話を進めてしまうことがよくありますが

 

 

そもそも中国とは、日本の人口や国土とは比べ物にならない広さと人口を抱えた国なのだと、皆さんの認識を擦り合わせるところから話を進めないとこの先の話を理解出来ないこともあるでしょう。

 

 

 

例えば中国語と言っても、公用語である「北京語」をはじめ、「広東語」や「福建語」、「上海語」や「四川語」などなど、

実は地域によって話されている言葉は全く異なります。

 

 

その違いは日本語で例えるならば、「津軽弁」や「沖縄弁」を全く違う地域の人が理解しろ!というのに匹敵するか、もしくはそれ以上の困難さを極めるものだと思ってください。

 

 

 

同じように中華料理と言っても

 

地域によって味付けや特徴が全く異なるのです。

 

 

 

日本の小さな国土の中だけでも関東と関西で好みの味が異なるように、中国の中でも似たような嗜好性の違いは存在します。

(単純に国土の広さの分、中国は日本よりも更に嗜好性の幅が広いのだろうなと漠然的にでも想像してもらえると分かりやすいかと思います。当然、内陸部と沿岸部とで入手しやすい素材なども変わるし、物流状況だって日本とは大きく異なるのです。)

 

 

中華料理のメニューはなぜ種類が豊富なのか?

 

中華料理のメニュー数が何故多いのか?という論点に話を戻しますが

 

北京や上海などの都市部には中国中のあらゆる場所から出稼ぎなどの労働人口が集まる構図になっていますし、

 

 

そのことが意味することは

 

沢山の地域の人々が特定の場所に集まる=より多くの多種多様な味付けの郷土料理をレストラン側がカバーしないと多くの顧客に来店してもらえず繁盛しにくくなる

 

 

というような問題があるのだと思います。

 

 

更にここに多民族国家という点や、日本人にはあまり馴染みのない宗教の問題が加わると、宗教上の問題から「豚肉料理を食べない」とか、「肉は鳥しか食べない」など、違った角度から生じる新たな問題が発生し、結果としてレストラン側がカバー出来る顧客層が狭まってしまう!

 

こういった問題を避けるためにも、中華レストランはどのような顧客にも対応が叶うように、幅広いメニューを揃える必要があり、豊富なメニューを用意するスタイルのレストランが増えた!ということなのだと推測します。

 

 

ちなみに

 

メニューの種類が豊富だと、

 

レストランは毎日様々な食材を揃えないといけないし、調理や管理も含めてさぞかし大変だろうな!

 

などと最初の頃は考えたこともある僕ですが、

 

その認識はそもそも間違いであったと中国生活を始めた頃、すぐに気付かされます。

 

 

 

例えば、ランチから営業をスタートするレストランに食事に行った際

 

オープン間もない時間帯にも関わらず、

 

小松:「これ下さい!」
店員:「これはもう今日売り切れた。他のにして!」
小松「はっ?この時間にもう売り切れた?えっ、じゃあこれは?」
店員「あー、これもない。売り切れた。」
小松「…。」

 

というやり取りを何度も経験したことがあります。

 

 

小松「どうせ、食材を用意してなかっただけだろ。この店はサービス悪いからもう来ないようにしよう。今後は他の店でいいや。」

 

そう考え、違う店に足を運んだところ、同じような体験をまたも繰り返す。

 

こういったことを実は何度も経験したことがあります。笑

 

 

要はメニューに載せている料理の一部、もしくは大半が「実際には提供不能」だというお店がザラに存在するということなのですが

 

では、何故このようなメニューの種類だけ豊富なレストランが存在するのか?

 

そこに中国人の気質や考え方が介在するのです。

 

 

中国人の気質やモノの考え方とは?

 

 

生真面目な気質の日本人ならば

 

メニューに載せている以上、責任感をもって必ずいつでも提供出来る準備をしておかないといけない!と考えるでしょうが

 

 

中国人は

 

「メニューに沢山の料理を載せないと客に入店してもらえなかったり、よその店に逃げられてしまうだろうから、まずは呼び込み水としてメニューには沢山の種類を掲載しないといけない。」

 

「でも、実際にやって来た顧客には店側が対応可能なメニューで臨機応変に対応すればいいし、食材が足りなくて提供出来ないメニューは開き直るしかないや。」

 

 

 

こういう考えや行動を取るのです。

 

 

そして、受け手側も似たような認識や感覚を国民性として備えているため、こういった事象に対して社会全体として寛容であるという点も挙げられるでしょう。

 

宣伝や広告の内容と、実際のサービスの質や内容は多少ズレが生じるのが当たり前!

 

 

だから開き直りや割り切る考え方は必要だし、そもそもどうせアピールをするならば、自分を小さくアピールするよりも大きくアピールしないと!

 

と考えるのが従来の中国人のベーシックな考え方です。

 

 

日本人にはこの感覚や感性が伝わりにくいかもしれませんが、これは国民性や価値観の違いだし

 

むしろ僕達日本人は、海外の他の国々から見られた際

 

 

「神経質過ぎる!」とか「過剰過ぎる!」

 

と捉えられている傾向があるようです。

(ここで言いたいのは、どちらが「正しい、間違い」とか、「良い、悪い」ではなく、そもそも日本人も中国人も価値観が違うということです。)

 

 

 

上記で挙げたような「中華料理から見る中国人の特性」は、実はビジネスなどの場でも垣間見ることが出来ます

 

中国人と商談やビジネスをしたことがある方の多くに、「中国人は大袈裟な言い方をする」とか「出来ないことを出来ると言う」、「嘘つきだ!」などと言う日本人が沢山いますが

それは中国人からすると、そもそも嘘や大袈裟な物言いをしているという認識は恐らくないでしょう。

要は、中華料理のメニューと同じ発想が彼らの行動や言葉の発信の起点になっているのです。

 

 

「せっかくビジネスチャンスが目の前にあるのだから、最初からこの仕事は出来ないと断ってしまうのではなくて、「出来る!」と相手に伝えてまずは仕事を受注することに全力を尽くそう。それで受注が出来るなら、その後はどんな手段を使ってでも形にする努力をしよう。」

 

こう考えるからこそ、中国人は「出来ない」と答えないのです。

 

日本人は「正直者」とか「謙虚」と言われるほど、ビジネスの場においても正攻法であるのが美徳とされますが

 

このような美徳は日本人同士にしか通用しないともビジネスの世界ではよく耳にします。

 

日本国内だけの常識の枠を一度取り外してみる重要性!

ここで言いたいのもどちらが「良い、悪い」という話ではありません。

 

 

「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」ではないですが、

 

 

同じ一つの事象でも、見る角度や視点によってまるっきり違う捉え方が存在するということはごくごく当たり前だということなんだと思うのです。(特にグローバル社会においては)

 

 

そういう認識を僕らが持って、その上で中国人とどう向き合うか?ということが大事なのだと思います。

 

もちろん、中国人の気質や価値観を理解した上で中国人とはまるっきり付き合いたくないと考える日本人もゼロではないでしょうから、そういう方々はそれで良いのだと思います。

 

でも、この記事をここまで読んでくださっている方の中には

 

 

中国でビジネスを成功させたい!とか、中国人と上手く付き合っていきたい!

 

と考える人もいるのだと思います。

 

 

 

この記事の内容が、そういった考えを持つ日本人の方々の今後の役に少しでも立てばいいなと思います。

 

ちなみにこれは補足になりますが

 

今回のブログで紹介したような中国人や中華レストラン(中国国内)がまだまだ多く存在するのも事実ですが、

 

実は時代の急激な変化と共に、現在の中国人には新しい考え方や取り組みをする国際的な感覚が鋭い中国人も大勢現れています。
(中華レストランにおいては、日本のレストランのようにメニュー薄だけれども、専門性や分野を狭めて尖らせた商材を売りにする!というスタイルのレストランも以前より増えています。)

 

 

 

そのため、記事のタイプとは全く異なる中国人や中華料理屋も相当数あるという事実も加筆させて下さい。

 

ではでは、

次回の中国ネタもお楽しみに!

 

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。