日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

 

今日は中国人が日本のラーメンを大好きな理由?

というテーマでブログを書きます。

 

そもそもラーメン本場の中国!何故中国人は日本のラーメンを好むのか?

 

ちなみに僕は超がつくほどのラーメン好きです。
(食べ歩きなどは大分前にやめてしまった為、近年の最新ラーメン情報にはさほど詳しくありません。)

 

毎日ラーメンを食べていた以前に比べたらだいぶ今はラーメン率の頻度が減りましたが、それでも1週間に最低でも2〜3色は平均して食べているほどラーメンがやめられません。

 

アイ・ラブ・ラーメン!と声高々に言いたいほどラーメンが好きです。笑

 

 

 

 

そして、言うに及ばずラーメンという食文化は中国から日本に伝わった文化です。

 

だからこそ日本に旅行に来る中国人の多くが行列に並んでまで日本のラーメンを食べる光景を見て、

 

 

「何で中国人はこんなにも日本のラーメンが好きなんだろう?」

 

と感じたことがある人も恐らくいるのではないでしょうか?

 

 

そもそも中国にだって本場のラーメン屋は沢山あるわけだし、彼らからしたら海外旅行に来てわざわざ本場ではない「中華料理」を食べているわけですよ。

 

もし僕が逆の立場で海外旅行をするならば、渡航先でわざわざ日本食を食べないでしょう。

 

せっかくだからローカルフードを堪能したいし、海外の日本食は割高な上に、現地にカスタマイズ化された味に仕上げられていることがほとんどで日本人にとって美味しくないケースがほとんどだからです。

 

 

 

この視点で言うと、過去に会ったことがある中国人の多数は日本で食べる中華料理を美味しいと感じないようです。
(日本風にカスタマイズされた中華が口に合わないのでしょう。)

 

 

当然、日本在住が長い中国人ともなれば日本の中華料理屋にも行くし、長い日本生活から嗜好性も日本の食文化に合うようになり、日本の中華も悪くない!と感じるようになっている中国人も存在します。

 

でも、旅行で日本を訪れた中国人の多くは日本で中華料理をわざわざ食べたいとは思っていないという意見を昔からよく耳にします。

 

 

仮に日本の中華を食べたとしても、本場の中華の方が全然美味しい!と話している中国人の声を聞くこともしばしばです。

 

では、何故日本のラーメン屋には行列に並んでまで中国人旅行客が足を運ぶのか?

 

一言で言えば日本のラーメンを美味しいと思う中国人が圧倒的に多いからです。

 

 

 

では彼らは中国のラーメンと比べて、日本のラーメンのどんなところに魅力を感じているのか?

 

中国のラーメンにはない日本のラーメンの魅力とは?

 

 

ちなみに中国には面条(=麺類)という言葉があり、一般的なラーメンや刀削麺をはじめ、

 

上記写真の猫耳朵というイタリアンで言うところのショートパスタのような種類まで、かなり多数の麺類が存在します。

 

 

 

中国本場の麺を食べたことがある方なら分かると思いますが、中国の麺は日本で一般的なコシのある噛みごたえがある麺ではなく、にゅうめんのようなフニャっとした食感が多数だというのも日本のラーメンの食感との大きな違いでしょう。

 

その為、幼い頃から食べ慣れたフニャっとした麺好きなラーメンが好きな中国人にとって、日本の麺は実は魅力的ではない!と感じる人も案外多くいるのです。

 

 

例えば、中国に出店している日本のラーメン屋は現在沢山ありますが、現地中国人の嗜好性に合わせ、コシのない麺をあえて提供しているお店もあるくらいです。

 

じゃあスープはどうか?というと

 

 

 

結論を言えば、中国人は日本のラーメンのスープが大好きです。

 

逆に、本場中国でラーメンを食べたことのある多くの日本人が話すように

 

 

中国のラーメンは相対的に日本のラーメンよりも美味しくないと感じるものが少なくありません。
(少なくとも日本人にとっては。)

 

 

 

中国のラーメン屋は日本のラーメン屋のスープ作りのように様々な食材を使い、長時間仕込んで美味しいスープを作り上げているといったスタイルとは一線を画し、スープの工程が簡素です。

 

 

また、日本の各ラーメン屋が他のラーメン屋との差別化を図る為に例えば「醤油ラーメン」や「豚骨ラーメン」という、1つのカテゴリーの味に絞ったラーメンを提供しているお店が多数存在したり、

 

 

 

各お店ごとにスープの味や麺の種類、トッピングに至るまで個性が全く違う!という全国津々浦々様々なタイプのラーメンが味わえるのに比べ

 

 

中国ラーメン店はどこのお店で食べたとしても画一的で単調な枠内に収まっているスープの味!というのが主流です。

 

 

単純に中国のラーメンのスープの種類に比べると、日本のラーメンは全国津々浦々どこでもご当地ラーメンが味わえるほど豊富ですし、お店ごとに個性や美味しさを競い合っている文化が定着しています。

 

 

アレンジが得意な日本人が作るラーメンは、中国人が最も好むフニャフニャ麺を使用していないにも関わらず、それでも本場中国人をも魅せられるほどスープ作りに凝っているわけです。

 

 

じゃあ何故中国ではラーメンという庶民的なローカルフードがあまりアレンジされて来なかったのか?

 

それは中国の「ラーメン」という食文化のブランドの立ち位置が大きく影響を与えていると思います。

 

中国国内で日本のようにスープにこだわったラーメンが普及しにくい理由

 

日本のラーメンも古くは安くて簡単に食べられるファストフードとしての立ち位置にあったと思いますが

 

現在では一杯千円を超えるようなラーメンも珍しくないし、牛丼の吉野家などとの競合と比較しても必ずしも安価な食べ物とは言えません。

 

また、うどんやそばに比べてもいわゆる「ラーメン通」といった味通の方々の批評に日頃から触れやすい食事ジャンルの立ち位置もあり、「美味しい」という基準が他の料理よりも厳しい比較対象に晒されているという点も競争が激化する大きな原因になっているでしょう。

 

 

その為、顧客側も「美味しいならば多少高くても食べに行く!」という食文化の下地が出来上がっており、結果としてラーメン店はコストが多少かかっても美味しいスープを作り出す為に経費や投資をかけられるという顧客側との相互関係を長年培って来ました。

 

 

では中国のラーメン屋はと言うと?

 

都市部ですら一杯10数元(約200〜300円)という、レストラン業界の最安値のカテゴリーに置かれ

 

日本のラーメン好きのようにわざわざ食べ歩きをするようなコアな中国人ラーメンファンもいないでしょう。

 

要は、

中国のラーメン=安くてお腹いっぱいになれる

それが大衆的な中国人にとっての中国のラーメンの位置付けなのです。
(当然その中でも美味しい、美味しくないは分かれますし、人気ラーメン店なども存在しますが、総体的な食文化の位置付けという意味では的を得ているでしょう。)

 

 

 

当然、割高なラーメンならば需要が生みにくくてすぐに潰れてしまうので

 

美味しいラーメンを作る為にコストも手間暇もかけることが困難!という結果を生み

 

結果として、日本でラーメンの食べ歩きをするコアなファンを生み出すような食文化にこれまで育って来なかった!

 

というのが日本と中国のラーメンの大きな違いでしょう。

 

 

 

また、価格帯や中国食文化と連動する話ですが、中国のラーメン屋さんは内装も少し小汚い昔ながらの様相を保ったお店が都市部でもまだまだ多く散見され、

日本のラーメン屋さんのように綺麗な内装を施しているというスタイルではありません。
(例外もありますが)

 

 

料理はよく雰囲気や見た目も大事!と言うけれども、

 

こういった点も中国国内のラーメン屋とは日本ラーメンがブランドイメージを分け隔てる要因でしょうし、中国人に「日本のラーメンは味だけでなく、ブランド力も備えた食べ物」という新たな概念を与えたのだと思います。

 

中国人が中国ラーメンよりもうんと割高な日本のラーメンを好きな理由は、

 

単に味が美味しいから!というに留まらず、新たな概念や価値観に対して「体験」という価値を購入しよう!という心理が働いているからなんですね〜。

 

まとめ

 

ラーメンという日中食文化交流は

 

互いの良さが融合しあった一つの日中友好の形だと個人的に受け止めています。

 

事実、僕は中国から日本に伝わった食文化に魅せられ、愛して止まないレベルに達しています。笑

 

 

 

最近では、日本に住む中国人や訪日旅行客の増加に伴い、中国本場の蘭州ラーメンや刀削麺などを提供する日本で営業する本格中華レストランや中華風ラーメン店も見かけるようになって来ました。

 

しかも、中国で食べることが出来るラーメンの良さを残しながらも部分的に日本風にカスタマイズし、スープがより洗練されていたり、トッピングの焼豚が日本の美味しいラーメン屋仕込みという日中のいいとこ取りを再現している逆輸入ラーメンの更に逆輸入ラーメンを見かけることが増えて来ました。

 

なんと!結構これがイケてたりするんですよ。

 

日中両国の人材や食文化が更に深い交流を続けることで、僕ら消費者がより美味しい料理に出会う機会が増えるのなら、是非是非更なる文化交流を促進してもらいたいものですね。

 

少なくとも美味しい物だったら僕はどこまでも食べに行きますよー。笑

 

 

 

最後までご覧頂き、ありがとうございます。
どうぞ引き続きご応援よろしくお願いします。