日中友愛エンタメ大使(自称)の小松拓也です。

今朝、NHKの「助けて!きわめびと」という番組を見ました。

本当は見るつもりがなかったのでそのままテレビを消そうとしたのですが、番組の内容が

 

「ゴキブリの撃退方法」ということだったので、

“これは是非知りたい!”

と思いそのままテレビを見続けることに!笑

 

 

だってゴキブリですよ?

 

きっと世の中のほとんどの人がゴキブリを嫌いとか怖いって言いますよね?

僕だってゴキブリは怖いんです。

 

 

そう、忘れもしないあれは22年前…

僕が台湾に語学留学へ行っていた頃の話です。

 

当時所属していた事務所の先輩タレントであったビビアン・スーの実家に僕は長い間ホームステイさせてもらっていたのですが

 

ビビアンの実家は清潔でいつも綺麗にされていたこともあって、それまでゴキブリを見ることはありませんでした。

 

きっと台湾にはゴキブリって生き物がいないんだろうな。

 

そんな風に安心しきり、まるっきり勘違いしながら過ごしていた当時の僕です。

 

 

でもビビアンの実家を離れ、台湾で一人暮らしをし始めるようになると

 

経済的にもあまり良い環境には住むことが出来ず、結局ボロボロのアパートに住むことになったんですね。

 

あの家は特に排水管とか水回りが良くない環境だったのでいかにもゴキブリが出て来そうな環境でした。

そして必然と言いますか、

 

引っ越し作業をしている時に運命的な瞬間は訪れました。

 

 

で、で、出たー!ゴキブリだー!!!

 

それは台湾で初めて見たゴキブリでした。

 

 

日本で見るゴキブリより確実に一回りでかくて見た目の迫力もある。

 

しかも動きも日本の一般的なゴキブリよりも速くて力強い!

 

「マジかよ!こんなのテラフォーマーズじゃん。」
(当時はまだテラフォーマーズは連載されていなかったので、あくまで比喩です。)

 

 

 

実はあの時、荷物を持っていて両手がふさがっていたのでやっつけようにも踏み付けるしか方法はありませんでした。

 

そこでなるべくゴキブリを刺激しないようにゆっくりゆっくりゴキブリに近づいて、ついにあと一歩踏み出せば足が届く位置まで距離を縮めていきました。

 

そして、意を決して片足を上げて仕留めにかかろうとした次の瞬間

 

 

ゴキブリが全速力で僕に向かって走って来ました!

 

そのスピードとパワーはまるでウサイン・ボルトのよう。

 

 

「は、はえー!!!」

 

 

当然僕は超焦り、思わず飛び上がってゴキブリをよけます。

 

しかも

次の瞬間、ゴキブリは僕の想像を超えた反撃を仕掛けて来ます。

 

 

 

なんと、僕の足元を一旦通り過ぎたゴキブリはその先で旋回し

次の瞬間、僕に向かって飛び出したのです!

 

 

 

 

「うおぉぉぉー!」

 

 

あんなにでかくて素早いゴキブリが走り出したかと思えば次の瞬間、間髪入れずに空を飛び

 

しかも僕を目掛けて突っ込んで来たんです。

 

そりゃあ超ビビりましたよ。

 

 

 

だってそれまで日本で遭遇して来たゴキブリは、人間を見たら逃げることはしても人間に向かって襲って来るゴキブリはさすがに見たことがなかったですから。

 

しかも恐ろしいほど素早いんですよ。

 

当然僕は必死で飛んで来るゴキブリを屈んで避け、逃げて距離を取りましたよ。

 

でも

 

ゴキブリは僕を休ませてはくれませんでした…。

 

何とそのまま空中で更に旋回して再び僕を目掛けて突進して来たんです。

 

しかも僕の頭上から恐ろしいスピードで!

 

一度避けたゴキブリがまさか再び自分を目掛けて飛んでくるなんて全く想定すら出来なかったので僕はまんまとゴキブリの反撃をくらうことになってしまいました。

 

 

ゴキブリは僕の顔に不時着!

 

直後、僕の顔を這いずり回り出したんです。

 

 

「うわぁぁぁ!」

 

 

大声を上げ、持っていた荷物を床に落とし、その場で地団駄を踏むかのように頭や体中を震わせて暴れまくって必死にゴキブリを振り落とそうとしましたよ。

 

気持ち悪いから手で触るのは嫌だったから、とにかくヘッドバンキングしまくりました。

 

それにも関わらずゴキブリは僕からなかなか離れてくれません。

 

結局、数秒の格闘後

 

僕は意を決して手でゴキブリを振り払い、ようやくゴキブリを体から振り落とすことに成功しました。

 

 

 

でも次の瞬間、

完全に怯んだ僕に目もくれず、ゴキブリは物置の隙間へと一瞬で消えていったんです。

 

 

僕はゴキブリをやっつけられなかったどころか、ゴキブリに反撃され、今まで味わったこともない恐怖を与えられ

顔や頭を這いずり回わられる気持ち悪い体験を数秒も味わい

次にいつまた現れるとも言えない不気味な恐怖と余韻を置き去りにされ、精神的苦痛を植え付けられたんです。

 

 

 

これ全部ノンフィクションですから!

 

 

 

あの時の恐怖体験が染み付いていますから、僕は今でもゴキブリが大嫌いだし、怖いです。

 

ゴキブリを怒らせたら顔を目掛けて飛んで来ないかな?っていつもビビっちゃいます。

 

だから、「ゴキブリ撃退方法」という今日の報せには思わず食いついてしまったわけですね。

 

 

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたがここからが本題です。笑

 

今日の番組の特集では「ゴキブリ」のことをあれこれと教えてくれていました。

と言うのも人間だけでなく、実はゴキブリも人間を怖がっているとのことなんです。

どうやらゴキブリは非常に臆病な生き物らしい。
(台湾で過去に遭遇したゴキブリはとても臆病には見えなかったが…。)

 

 

 

 

そしてゴキブリは「前にしか進めない」という習性があり、後ずさりは出来ないようです。

 

 

この情報は言われてみたら確かにそうだなと思いましたね。

つまり、ゴキブリの撃退方法もそこにヒントがあったようです。

番組ではゴキブリを撃退する場合、正しいゴキブリの撃退方法を教えていました。

 

 

 

その正解はと言うと

スリッパなどで叩いて撃退する際はゴキブリの進行方向に向き合う形(ゴキブリ頭側)の方向から攻撃するといいみたいです。

どうやらゴキブリのお尻側には人間などの存在を感知するセンサーがついていて逃げられやすいみたいです。

 

 

 

逆に殺虫スプレーなどで「ゴキブリの後ろ側(ゴキブリのお尻側)」からスプレーを噴射する場合は、

直接ゴキブリに向けて噴射せずゴキブリのこれから進む進行方向の僅か先に待ち伏せるようにして噴射すると、そのポイントに走り込むゴキブリに対してアプローチが届くようです。

 

 

 

その他、タンスの下の隙間などに逃げ込んでしまったゴキブリを退治する場合は3日間ほど持続性のある待ち伏せスプレーを使用し、

 

 

ゴキブリが隙間に逃げ込みした際のルート出口付近に待ち伏せスプレーを噴射しておくと、高い確率で再びそのルートをゴキブリは再びたどるらしく、撃退に役立つようです。

 

他にもゴキブリの卵にまで効く仕掛け餌などを以下のような至る場所に仕掛けておくと

 

かなり高い確率でゴキブリを自宅から排除することが出来るようですね。

 

 

ペットの餌入れ、観葉植物の周り、段ボールの中、

 

 

その他キッチン周りは

ガスコンロ、調味料周り、シンク、ゴミ箱 シンクの下の収納スペース、電子レンジや冷蔵庫など家電の下などなど。

 

 

あとは、

ゴキブリの糞を見つけたらそこはゴキブリがよく出没する場所らしいとも伝えていました。

 

 

 

ゴキブリが糞をするということはゴキブリがみんなで集まる場所になっているようなので、そこにも待ち伏せ用の駆除対策を仕掛けるとかなり効果的なのだとか。

 

こんなにゴキブリのことを知れたら今後はゴキブリが少し怖くならなくて済みそうですね。

 

これからはゴキブリの後ろ側じゃなく、前側から攻撃するという重要なことも分かったわけだし。

 

いやぁ、今日はいいこと知れました!

 

良い情報を皆さんにもお裾分けですね。

 

 

 

僕のブログは普段、中国情報や芸能情報にまつわる情報発信が主なんですが、

たまにこういった役に立ちそうなら雑学も今後紹介していきたいなと思います。

 

 

この記事をいいと思って下さった方は是非思いやり募金として「いいね」を押してくれるとブログを書く原動力として僕のHPが5ポイント回復します。

コメントやSNSのシェアをしてもらえたら10回復しますので、是非思いやりのおすそ分けで元気づけてください。

 

ちなみに僕のブログでは健康な肉体や見た目にとどまらず、体の内側や心の持ち方など、「自分を本気で変えていきたい」と考える方々や売れたいと考える芸能人の卵や第一線で活躍の機会を得ることが出来ない俳優や歌手向けに心と体両方のアプローチから理想の自分へと自分改革していくノウハウをあらゆる角度からお伝えしています。

 

以下の記事も是非参考にしてみてください。

売れたいと考えるタレントの卵の皆さんが覚えておいた方がいい具体的な2つのアプローチ方法

正しい筋トレ(ダイエット)を覚えると人生が劇的に変わる可能性と理由!筋トレは脳みそを使え